自分がもしかしたら性病かもしれない・・・。
そんなことはなんとしても否定したいですよね。

性病検査を受けるのは仕事が忙しくて、あるいは都合がつかなくて病院にかかれない。
というのは建前で本音は病院を受診して性病検査をするのって恥ずかしいですよね。
性病検査の結果が陽性だったらと不安でもありますよね。

受付で性病検査をしたいですとも言えないですし・・・。
性病検査を受けたら受けたで結果が通知されるまでの時間も不安・・・。

性病検査の項目には結果が即日(最短翌日)で分かるものもあります。

即日検査とは?

即日検査とは、スクリーニング検査とも言われています。
保健所や医療機関でのエイズ検査には即日検査が行われていることも多いようです。
即日検査は、検査後約1時間で結果がわかります。

陰性であればエイズに感染していない事を示し、陽性や偽陽性の場合は確認検査を行う事が一般的です。
即日検査で陽性であっても、エイズではない確率が約70%と高いことを知っておきましょう。

即日(最短翌日)で分かる性病検査の項目

・HIV
・クラミジア
・カンジダ
・トリコモナス
・淋病

さらに、即日ではありませんが、下記の性病も検査キットで調べられます。

・B型肝炎
・C型肝炎
・HPV
・梅毒

想像していたよりも性病検査キットで調べられる項目が多いですよね。
しかも、自宅で簡単に検査できるんですから驚きですよね。

性病検査自体も多くのものは血液だったり尿を採取して行います。
不安な気持ちが即日で払拭されるなら受けてもいいかなって思えましたか?

性病検査の結果が陽性だったとしても適切に治療を受けることができるので、性病かもしれないと不安ならば受けることをおすすめします。

ただ、注意が必要なことがあります。

それは、疑いのあった日から時間が経過していること

昨日、今日の行為ではいくら即日検査ができるものでも多くは陰性となってしまいます。

性病によって異なる潜伏期間

・HIV 2〜3週間
・クラミジア 1週間〜3週間
・カンジダ 数日〜1週間
・トリコモナス 数日から数週間
・淋病 数日から1週間

といったように様々です。

疑いのある症状を感じた場合は、その疑われる性病がどれぐらいの時間を経過していれば性病検査に反映するのかは知っておいたほうが良いでしょう。

即日検査が出るといっても、潜伏期間中であれば陰性となりますし、何度も病院に通ったりと時間とお金もかかってしまいます。

性病かもしれないと不安が生じたら気が気でないかもしれませんが即日で陽性となるまでの期間は待ちましょう。
勿論その間はSEXをするとうつしてしまう恐れがあるので控えましょう。

性病検査キットを使用する前に 費用はいくら?

性病といってもそれぞれの病気毎に潜伏期間が異なります。

いくら性病検査キットで簡単に調べられるからといっても、疑われる病気がどのくらい時間をおけば検査としてひっかかるのか、その時間だけは自宅で検査する前に調べておくようにしましょう。

数日で検出できるようになるものもあれば、数週間かかるものもあります。
折角検査をしてもきちんとした時間をおかなければ意味がありません。

さて、自宅で性病検査キットを使えば多くの性病に感染しているか調べることができることはわかったと思います。

性病検査キットはいくらぐらいかかるのでしょうか。
当然ながら、性病検査キットで検査する項目が増えれば増えるほど値段もかかります。

大体5000円〜20000円といったところが相場なようです。