インターネット通販ではHIV検査キットを購入することができます。購入した自分しか結果が分からないので匿名でできます。
HIVをはじめとした性病に感染した場合は病院を受診するのも羞恥心や身近に受診した人もいないため躊躇われがちです。

だからといって感染が疑われるのであれば、きちんと検査を受ける必要があります。
自分自身が病気を周りに感染させないように心がけましょう。

検査する時間を守って

HIV検査キットはインターネットで購入することもできますが、疑われるセックスのあった日から翌日に結果が陽性になるわけではありません。

HIV検査キットを使用する場合はウイルスに感染したことが分かるようになる1ヶ月以上経過した時期に使用するようにしましょう。

もちろん、その間はセックスをするのは避けるべきでしょう。

検査キットは正しく使わなければ意味がない

HIV検査キットをインターネットで購入される方の多くは匿名で誰にも知られずに検査をしたいということだと思います。
ですが、HIV検査キットは当然正しく使わなければ結果の信頼性を欠いてしまいます。

各市町村の保健所でも匿名で検査を受けることができますが、検査を受けられるのが平日など、受けられる日時が限られています。

HIV検査キットは自宅で検査をして、自分以外に結果が知られることはないという匿名の安心感はありますが、医療機関で行う検査も守秘義務から第三者に知られることありません。ただし、その場で対応する医師や看護師には顔をみられます。

保健所は無料ですが、不便

自宅でできるHIV検査は匿名で行うことができますが、商品を購入するのに代金がかかります。
対して、保健所で行うHIV検査も同じく匿名で受けることができますが無料です。

ただし、保健所の場合は検査ができる日が限られています。平日に保健所に行けない方は、自宅で検査できるキットを購入されるほうが便利でしょう。

保健所は時間帯も限定されていますが、自宅での検査の場合は好きな時間に行うことができるからです。

正しい知識をもつことが大切です

HIVの検査は自宅でも保健所でも匿名で行えることがわかったかと思います。

1位:セルシーフィット




2位:ふじメディカル




3位:さくら検査研究所