ケジラミ症の原因、感染経路

シラミと呼ばれる寄生虫が頭や陰部の毛に寄生することで発症します。

感染経路は主に性行為の際の接触感染が殆どで、陰毛に接触するだけで感染してしまうので、性感染症の予防の基本であるコンドームを装着しても意味がありません。

また、ケジラミは人間の身体を離れてからも約48時間程は生存が可能である為、他人が使ったタオルや毛布などを介して感染する事もあります。

ケジラミは、水中だと毛にしがみつく傾向がある為、公共のお風呂やプールなどの水中で感染する事はありませんが、
脱衣所やトイレなどで感染する事はありますので気を付けましょう。

ケジラミ症の症状

ケジラミ症にかかると、男女ともに激しいかゆみに襲われます。
かゆみは夜寝られないくらいの強いものです。

感染から1ヶ月くらいで症状が出てきます。
しかし、かゆみは出てても、特に発疹が出ない事がこの病気の特徴です。

基本的にケジラミは陰毛に寄生する事が多いですが、肛門周辺、わき毛、胸毛などの体毛や、ごく稀に頭髪やひげ、まつげなどにも寄生します。
そして、シラミが吸った血や、フンが下着につき異常に気づくこともあります。

ケジラミ症の検査方法・費用

医師が患部の視診を行い、肉眼でケジラミやその卵の有無を確認します。
ケジラミは1mmくらいの羽のない昆虫です。

非常に小さいですが、かろうじて肉眼で見えるくらいの大きさです。
ケジラミは卵を毛の根元に産むため、根元に白い卵を産んでいないかも確認します。

男性の場合は、症状が出たら、皮膚科や泌尿器科を受診しましょう。
女性の場合には、男性と同様皮膚科もしくは婦人科を受診しましょう。
検査料は2,000円程度になります。

ケジラミ症の治療法

ケジラミは陰毛にひっついており卵を陰毛に産みつけるため、陰毛をすべて剃ってしまうことが有効です。
しかし少しでも毛が伸びているとそこにひっつくこともあり、対処方法としては完全ではありません。

一般の石鹸の使用や入浴も有効ではありません。
スミスリンシャンプーというシャンプー剤を継続的に使用することによって2週間ほどでケジラミを治療することができます。
このシャンプーは卵にも殺虫効果があります。

感染している間は家族にも感染させることがありますので、風呂の使用やタオルの使い方など 感染を拡大させないように十分注意しましょう。

ケジラミ症の予防法

ケジラミ症の予防はとにかく接触しない事以外は残念ながら方法がありません。
セックスをする際にコンドームをしても、予防効果はありません。

毛じらみが感染した人と、下着、タオル、シーツなどの共用をしないことが大切です。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所