フォアダイスの原因、感染経路

フォアダイスとは、陰茎の皮膚や包皮にできるブツブツです。
主に、陰茎の裏側にできやすく、性病と勘違いされることも少なくありません。

ですが、フォアダイスの原因は病気などではなく、あくまでも皮膚の脂腺という組織が目立っているために起こる生理的現象です。
いわば、陰茎にできるニキビのようなものと理解すれば良いと思います。

また、フォアダイスができることは珍しいことではなく、だいたい成人男性の6~7割程度の人に見られるとされています。

フォアダイスの症状

フォアダイスの主な症状は、白っぽく見える小さなブツブツが現れるというものです。
フォアダイスのブツブツは表面が滑らかで小さく、粒が揃っているのが特徴です。

ブツブツの数や発現する場所も個人差がありますが、かゆみや痛みはなく、あくまでも見た目だけが悪いのが問題となります。
具体的には、陰茎部分や亀頭を取り囲むように粒が並んだり、亀頭の裏側にも出てきたりします。
フォアダイスの数があまりにも多い場合や、見た目が悪いと悩む方は除去することもあるようです。

フォアダイスの検査方法・費用

フォアダイスの検査方法としては、医療機関に行く他はありません。
尖圭コンジローマなどと症状が似ているため、疑わしい場合は医療機関に行って診察を受けることが望ましいでしょう。

受診は皮膚科や泌尿器科で構いませんが、性病に罹ったと疑わしい場合は性病専門の医療機関を訪れた方がいいです。
検査方法は医師による問診と診察が基本となり、特に大がかりな検査は行われません。

費用も診察代程度しかかかりませんので、気になる場合は医療機関に行くことをおすすめします。

フォアダイスの治療法

フォアダイスは基本的には治療の必要はありません。
あくまでも良性のブツブツですので、そこまで気にする必要もありませんし、健康上の問題もありません。

ですが、あまりにも数が多いなどといった見た目が気になる場合は、レーザーや電気メスによって、フォアダイスを除去することが可能です。

しかし、治療を行う場合は保険がきかないので、自費診療となります。
費用としては、泌尿器科によって異なりますが、何万円というお金がかかります。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所