疥癬の原因、感染経路

■疥癬の原因は

疥癬の原因は、ダニです。ダニの中でもヒゼンダニと言う種類のダニが皮膚の角質に寄生することで発症します。
ダニと言うと、目で見えそうな気もしますが、ヒゼンダニとは非常に小さなダニで約3㎜くらいと言われています。従って、肉眼ではほとんど見えません。

■疥癬の感染経路は?

疥癬の感染経路は、人との接触がほとんどであると言われています。肌と肌が直接触れることで感染しますので、性行為に伴う感染や施設内や家族内での感染が多いと言われています。特に不衛生な場所では感染しやすいです。稀なケースでは寝具からの感染もあるようです。

疥癬の症状

■疥癬の症状は

疥癬の症状は、皮膚の症状としては丘疹が、腹部や腋の下、太ももの内側などに現れます。

丘疹とは、簡単に言う赤いブツブツのことです。そして、最大の症状は強烈な痒みです。

ヒゼンダニが寄生するとヒゼンダニが潜んでいた場所に糞や脱皮した殻などを残します。疥癬の特徴的な症状である強烈な痒みは、ヒゼンダニに刺されたからではなく、この糞や脱皮した殻に対するアレルギー反応が引き起こすとされています。この痒みは夜間にきたすことが多いようです。

疥癬の検査方法・費用

■疥癬の検査方法と費用はいくら?

疥癬にかかってしまったら、若しくは疥癬にかかってしまったという疑いがあるのなら迷わずに病院に行くことをお勧めします。そして、まずは、検査をしましょう。では、疥癬の検査の費用はいくらくらいかかるのでしょうか。

検査方法は顕微鏡検査とダーモスコピー検査があります。
病院の皮膚科、泌尿器科、性病科で診察が受けられます。診療費用は平均的には3000円から5000円くらいでしょう。

疥癬の治療法

■疥癬の治療方法は?どれくらいで治る?
治療方法は単純で、薬を塗ってヒゼンダニを殺す殺虫と治療を同時に行います。外用薬は入浴後に全身に薬を塗ります。主に使われる薬は、フェノトリン、硫黄軟膏、クロタミトン、安息香酸ベンジルローション、ベルメトリンがあります。
内服薬治療では、イベルメクチンと言う薬を空腹時1週間間隔で2回内服することで治療します。

1~2週間間隔で連続してヒゼンダニを検出できず、かつ疥癬トンネルの新生がない場合に治癒したと考えられます。

疥癬の予防法

■疥癬を予防するには

疥癬の主な感染経路は、人と人が直接触れ合うことですので、疥癬にかかっていると思われる人に対しては、マスクや手袋等で保護することで対策します。

また、寝具等からの感染もあるので、リネン管理には注意を払い、消毒をすることで集団感染を防ぎます。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所