非クラミジア性非淋菌性尿道炎の原因、感染経路

多くの場合は、性行為やオーラルセックス、アナルセックスによる、微生物感染によって引き起りますが、その他には免疫力の低下などで、菌を浄化する作用が低下しているときなどの場合、体内いた菌が活性化して起こる場合もあります。

尿道炎の原因菌はたくさんあるのですが、なかなか治らない尿道炎や再発を繰り返すような尿道炎は「マイコブラズマ」や「ウレアブラズマ」感染の可能性が高いことが、ここ近年の学会などでは指摘されています。

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の症状

主な症状としてあげられるものは・尿道からの分泌物(膿)・尿道の痒みや不快感・軽い排尿時の痛み等があげられます。

尿道から出る膿は少量の場合が多く、白っぽい色をしていてサラサラしたモノから、やや黄色味を帯びていて粘り気のあるものまであります。クラミジアと同じように症状が軽く、自覚症状がない場合も多く見られます。

治療せずに放っておいた場合には、まれ精巣上体炎(副睾丸炎)や前立腺炎・血精液症になることもありますので、早めに医師に相談することを進めます。

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の検査方法・費用

診断方法としては、問診・尿沈渣(尿自体を遠心分離器にかけまして尿中の細胞成分を沈殿させることによって顕微鏡で観察いたします)それによって白血球の有無などで尿道炎が疑われ、淋菌やクラミジアが検出されない場合は臨床的に診断いたします。

治療費用としましては、診察料3000~5000円・検査代3000円・薬代3000円~以上は保険費用ではない場合のおおよその金額になります。

保険費用の場合はこの金額の3割負担となります。
保険適用されるか否かは病院の治療方針などによって様々ですのであくまで参考になります。

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の治療法

抗生物質を内服するkとで治療していくことになります。
はじめから原因菌が特定されれば、それに適した抗生物質が処方されます。

一般的にはニューキノロン系やテトラサイクリング系などが、たいだい1~2週間投与されることになります。
軽い症状が長引くなど直りが悪い場合にはマイコブラズマやウレアブラズマなどが原因であることが考えられますので、この場合は別の抗生物質を投与して治療していく形になります。

また性交渉などで相手に感染させてしまうために感染した場合はパートナーと一緒に検査・治療していく必要が出ています。
再発しやすい感染症になりますので、治療後2~4週間後に再検査することが大切です。

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の予防法

成功時の感染を予防するために、コンドームの着用は必須です。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所