淋菌感染症の原因、感染経路

淋菌感染症はコンドームを使わないセックスや、オーラルセックスによって感染します。
1回の性行為での感染率は約30%と高く、一度感染しても免疫は得られず再感染します。

また、母親が淋菌に感染している場合、お産で赤ちゃんが産道を通るときに、母子感染します。
そして、 淋菌はもともとは弱い病原菌ですが、感染者とのタオルの使い回しから家族内での感染の報告もあります。
男性に症状が現れやすく、淋菌感染症の患者を全体でみたときに、男性患者が多いのも特徴です。

淋菌感染症の症状

女性の場合は、一部の女性では陰部にごく軽い違和感を感じ、腟から膿のような分泌物が出ます。
一般にはほとんど自覚症状がありません。

咽頭に感染した場合には症状が少なく、検査によって初めて判明するケースが多いのが特徴です。
男性の場合は、症状は感染後3~10日ほどして現れます。

尿道に違和感が生じ、排尿時に軽度から強度の痛みが起こり、陰茎から黄緑色の膿が出て、頻尿が生じます。
陰茎の先の開口部が、赤く腫れることがあります。

淋菌感染症の検査方法・費用

男性の場合、性行為の有無や、尿道分泌物の性状などをみます。
検査方法としては、検尿や細い綿棒状の物を、外尿道口より入れて分泌物を培養する方法が一般的です。

女性の場合は、ほとんどの方が無症状ですので、感染の可能性がある方は、専用の綿棒で膣や子宮頸管分泌物を採取して検査をします。

また口腔内感染症の疑いがある方は同時に口腔内の検査を行います。
女性の場合はほとんど検査による痛みはありませんよ。
検査の費用は4000円程度です。

淋菌感染症の治療法

淋病の治療は、淋病の抗生薬セフトリアキソンの筋肉注射が、第一選択剤です。
その他に、抗生物質の服用でおこないます。
治療の期間は数日~2週間程度です。

淋菌が完全になくなっていない状態で薬の服用をやめてしまうと、再び 症状がでたり治療できたと思ったまま淋菌に感染し続けることになります。

また、最近では薬に耐性を持った菌もあらわれていますので、医師が完治したと診断するまで しっかりと薬を服用するようにします。

淋菌感染症の予防法

1位:セルシーフィット




2位:ふじメディカル




3位:さくら検査研究所