性病検査キットは匿名性が高いだけでなく、病院受診をするより多くの項目を安く検査することができるメリットがあります。
中でも安い価格で提供していると口コミが多いのがGME性病検査キットのローコストパッケージ商品です。
値段が安いと、結果の信頼性や匿名性などについて不安になりますがGME性病検査キットはどうなのか、特徴や口コミについて紹介します。

主要な項目を安く検査できるGME性病検査キット

性病検査キットの中でも検査項目の種類はたくさんあります。
ですが、少々高額になっても1回の検査でできるだけ多くの項目を検査したいと思う人は多いのではないでしょうか。

全体的にGME医学検査研究所の検査キットは価格が抑えられていますが、その中でも性病として主要な8項目(HIV、梅毒、淋病、クラミジア、カンジダ、B・C型肝炎)を検査してくれるキットが、他の会社のものと比べてもGME性病検査キットではかなり価格が抑えられています。

さらにGME医学検査研究所の検査キットには、全ての種類にスタンダードタイプとローコストパケージという2種類あり、ローコストパッケージの場合はスタンダードよりも1000円以上も安くなってます。

検体を送る際に送料が数百円ほどかかる会社が多い中で、GME性病検査キットは送料無料で検体を送ることが出来る点がとても助かるという口コミも多いです。

キット本体だけでなく送料も抑えられているので、全体的にはかなり安く検査できるのではないでしょうか。

他にも、注文後の即日発送や検査結果が1週間内に確認できるという早い対応が口コミでも評判です。

GME性病検査キットの信頼性や匿名性について

GME性病検査キットは自社検査機関で検査され、病院でも使われている高精度の分析機器を使用しています。
また、トリコモナスの検査に関しては群馬大学との共同研究開発を行って検査方法を確立しました。

他にも使い回しできないような検査キットを使用したり、精度の高い検査を行っている事はHPで紹介されており、安全性や信頼性の高い検査キットと言えそうです。

協力医療機関として全国の病院が案内されているため、もし病気にかかっていた場合も受診しやすいという口コミもあり、安心して検査することが出来るのではないでしょうか。

匿名性に関しては、GME性病検査キットだけではありませんが「郵便局留」という受け取り方法が選べます。

郵便局に受取りに行かないといけませんが、家族に気づかれずに受取ることが出来るので助かるという口コミはたくさんあります。
また、ローコストパッケージはアルミ包装になっていますが中身は全く見える事もありません。

口コミの中には、インターネットで結果を見ることが出来るので、家族に結果を見られる心配がないというものもあり、プライバシーに関してかなり配慮されていることがわかります。

GME性病検査キットローコストパッケージの内容は?

GME性病検査キットのローコストパッケーッジは、スタンダードの中身と少し内容が異なっていて、採血の予備キットがついていません。
そのため、初心者の人にはスタンダードパッケージの方が安心して使えるという口コミが多いようです。

もし採血量などが不足していて再検査の追加のキットを再送してもらう場合にも、ローコストパッケージでは有料となってしまいます。
スタンンダードでは無料で再送できるので、不安な人はスタンダードキットを使う方が安心して利用できるという口コミも多くあります。

1位:セルシーフィット




2位:ふじメディカル




3位:さくら検査研究所