かかった性病を教えてください。

私は公務員男性、独身子なしの32歳です。私がかかった性病は淋病でした。
その当時通い詰めていた熟女系風俗店でお気に入りの嬢からうつされてしまいました。

なんとなくプレイ中も変な感覚があったのですが、その時は特段おかしいとは思っていませんでした。
しかしそれから1週間後、股間に妙な違和感を覚え、見てみると下着に黄緑色の膿が付着していました。

ネットで調べると、淋病の可能性があると思われたので、恥ずかしさをこらえて泌尿器科に行くとやはり淋病でした。

淋病の体験談を教えてください。

 私は公務員男性、独身子なしの32歳です。私がかかった性病は淋病でした。
その当時通い詰めていた熟女系風俗店でお気に入りの嬢からうつされてしまいました。なんとなくプレイ中も変な感覚があったのですが、その時は特段おかしいとは思っていませんでした。

しかしそれから1週間後、股間に妙な違和感を覚え、見てみると下着に黄緑色の膿が付着していました。
ネットで調べると、淋病の可能性があると思われたので、恥ずかしさをこらえて泌尿器科に行くとやはり淋病でした。

検査費用、というか受診料は2000円くらいだったように記憶しています。
医者に見せるとすぐに「アーこれは淋病だね、抗生物質出しておくから、2週間、毎日飲むように。」との事でした。

淋病の苦しいところは病巣?が尿道内であるため、排尿時に苦痛を伴うという点です。
ただでさえ腫れて尿道は狭くなっているのに、膿が固まっておしっこの通り道を邪魔していますからおしっこを出そうとすると激痛が走ります。

しかしおしっこは必ずしなきゃいけませんから、小便器の前で悪戦苦闘する事約10分、激痛に耐えようやく小便が出るのです。
また黄緑色の膿もひっきりなしに出ますので、下着も毎日汚れてしまうため、毎日手洗いしてから洗濯機に入れていました。

股間は四六時中痛かったですが、排尿時の痛みはまた格別でした。
抗生物質を飲み始めると、見る見るうちに回復してきました。

徐々に股間の痛みが引き、おしっこにも苦痛を伴わないようになってきました。
そして2週間後にはウソみたいに治っていました。

私はあの時の想像を絶する苦痛から、もう2度と熟女系風俗にはいかない、と固く誓いました。
それ以来、熟女系風俗を除いたピンサロ、ヘルス、マットプレイ等にはちょくちょく顔を出しましたが、再発はしていません。

今思えばうつした嬢も自分が性病だと分かっていてわざとうつしたように思えてなりません。
性病が怖い時は手だけで抜いてくれるオナクラ等の性風俗もあるのでそちらにより行くようになりました。
皆様もお気を付けください。
 

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所