病院で保険適応で性病検査をした場合に、会社や家族にバレるのではないかと心配する声が多く聞かれます。
ですが、性病検査に保険がきかないとかなり高額になるのではという不安もあるでしょう。

性病検査を病院で行った場合に健康保険を使うと、本当に家族や会社にバレるのでしょうか?

性病検査に保険は使える?

健康保険は、原則的に病気の人に使うものですので予防的な診療や健康診断、また美容外科や歯科矯正のような美容目的のものには利用できません。

ですので、性病に関しても「症状はないけど何となく不安だから」という理由では健康診断のような扱いになってしまい、保険がききません。

一方で、かゆみや痛みなど何らかの症状がある場合は、症状の精査のための検査となりますので性病検査にも保険が使えます。
また、治療に関しては病気の治療ということになりますので保険が使えることになります。

性病検査の料金は、病院によって大きく異なりますがおよそ3000円から1万円程度と検査項目によっても幅があります。
健康保険の適応がなければ、これらを全額自己負担ということになりますので複数の性病検査をするとなると保険がきかなければかなり高額となる可能性もあります。

健康保険を使って性病検査をすると家族や会社にバレる?

健康保険を利用すると、会社に検査名や治療内容がバレるのではないか?と不安に思う人もいるようです。
実際に性病検査をすると会社にはバレるのでしょうか?

結論から言うと、性病検査だけでなく通院記録などは会社にはバレることはありません。
もちろん病名や治療内容や投薬の記録も、会社にバレる事はありません。

というのも、例えば会社勤めの人であれば保険証に健康保険組合が記載されていると思います。
この健康保険組合には、健康保険証を使った詳細な記録が通知されます。
つまり健康保険組合の人にはバレるという事です。

ですが健康保険組合は勤めている会社とは別の組織となっています。
大きな企業であれば企業名の健康保険組合がある場合もあるのですが、子会社などではなく独立した組織になっていますので病名や治療内容を会社に報告する事はないので会社にバレる事はありません。

ただ、健康保険組合によっては自宅に医療費通知が送られてくることがあります。
医療費通知というのは、いつ、だれが、どこの病院にかかっていくら医療費がかかったかという内容を記したものです。
この通知が送られてくる頻度や内容に関しては、それぞれの健康保険組合によって様々なようですがこの通知により家族にバレる可能性は大いにあるでしょう。

検査内容や何科に通院したという事まで詳細には記されていませんが、家族に伝えずに頻繁に通院していた場合には家族に怪しまれてしまう事も考えられます。

保険を使って性病検査をしたい、だけど家族にもバレる事なく通院したいという場合には、医療費通知が送られてきているかどうかということも念頭においておきましょう。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所