男女ともに、風俗の利用により性病に感染するリスクは高いようです。
パートナーに内緒で風俗を利用し、パートナーに性病をうつしてしまうなんてことも少なくありません。
今回は風俗サービス別に性病感染のリスクを確認しましょう。

性感マッサージ、エステ

粘膜同士の接触により性病は感染します。
ですので、風俗と言えどマッサージをしたりしてもらうだけであれば性病に感染するリスクは低いと考えられます。
ただし、コンドームを使用せずに性器を舐めることはのどの性病感染のリスクがありますので注意が必要です。

HIVやB型・C型肝炎などは傷口から感染したり血液からも感染しますので粘膜同士の接触がなくても感染する危険性はあります。
性器に傷口がないかなども気をつけておく必要があります。

イメクラ(イメージクラブ)、ファッションヘルス

セックスはありませんが、行為としては粘膜同士が接触するサービスが含まれる風俗です。
性器同士が接触したり、性器を舐めたりする事で体液や粘膜同士の接触の可能性があり、リスクも高い風俗と言えるでしょう。
もちろん、全ての行為においてコンドームを使用していれば感染のリスクは下がります。

どのようなシチュエーションであっても、粘膜同士が接触する行為が多ければ多いほど性病の感染リスクは高くなってきます。

ピンサロ(ピンクサロン)

性器と口の接触がある性的サービスが行われる風俗です。
サービスする側(女性)ののどに性病感染していた場合は、サービスを受ける側(男性)の性器に性病が感染する可能性があり感染のリスクは高くなります。

複数人が交代して性的サービスするような場合は、性病感染のリスクはますます高まります。
男性にとっては気軽に行ける風俗かもしれませんが、リスクはかなり高いので注意しましょう。

デリヘル(デリバリーヘルス)

セックスに至る可能性もある事から、全ての性病にかかるリスクの高い風俗と言えるでしょう。
セックスに至らない場合も、性器同士の接触があるためイメクラやファッションヘルスと同様のリスクは考えられます。

また、無許可で営業している風俗店や外国人を雇っているお店の場合には注意が必要です。
定期的な性病検査を行っていなかったり、HIVの感染の可能性もかなり高まってくると考えられます。

ソープランド

ソープランドは法で定められており、様々な規制があったり届け出が必要な風俗です。
しかし法で定められていても、セックスすることができる風俗のため性病の感染に関してはリスクが高い風俗とも言えるでしょう。

もちろん、性病の検査などがしっかり行われている風俗店もあるかもしれません。
しかし風営法に関しては、衛生面での規制ではなく働く人の年齢や国籍などを規制するためのものです。
ですので風俗での性病検査をはっきりと義務づけている法律は現在はなく、性病の感染は自己責任ということでしょう。

風俗サービス別の性病感染のリスクについてお話ししましたが、どのサービスを選択しても性病に感染するリスクは0%ではないという事がわかります。

1位:セルシーフィット




2位:ふじメディカル




3位:さくら検査研究所