もしかして性病かもしれない、と感じたときまずは病院を受診する事を思いつく人が多いでしょう。
ですが、性病の検査には通販での性病検査キットや保健所検査も行われています。
今回は性病の保健所検査について費用や特徴をお話します。

保健所検査は無料、匿名での検査が可能

保健所検査のメリットは、対面での性病検査するにも関わらず匿名でできる点で病院と異なります。
問診などもありますが、個人を特定するようなものはありませんし不安であれば無回答でも構わないです。

ただし、匿名であっても地方の保健所であれば知り合いに会わないかが気になる場合もあるでしょう。
また、対面での性病検査に抵抗があるという人には匿名であってもメリットにはなりません。

性病の保健所検査は、無料で受けることができます。
病院を受診すると、検査料金以外に診察料などがかかります。
インターネットでの性病検査キット通販でも数千円はかかりますし、いくつかの項目を検査するとなると1万円を超えることもあります。

ほとんどの保健所検査では全て無料で行われますし、結果も約1週間ほどででます。
とにかく安く検査をしたいという人には、保健所検査がおススメです。

保健所によって検査できる性病の項目が異なる!

保健所検査では、行われている性病の検査項目が保健所それぞれで異なっています。
保健所検査が行われているほとんどは、HIVの検査を中心に行っています。
HIV検査に加えてクラミジア、淋病、梅毒、B型C型肝炎などの検査が行われているようです。

それぞれの性病検査を単独で検査、HIVとの組み合わせで検査、といった検査内容や項目に関しては保健所によって大きく異なります。

もちろん、保健所検査自体を行っていないところや、HIVのみ検査している保健所も少なくありません。
人によっては最寄りの保健所で検査自体行っていないという場合もありますので、保健所検査は誰でも気軽にできるというわけではない点はデメリットといえます。

性病の保健所検査は予約制である事が多い

性病に関して保健所検査を行おうとすると、予約制である事が多いです。
また日時も決まっているというデメリットがあり、気になったらすぐに検査できるというわけではありません。

保健所によって検査の頻度はまちまちですが、平日の週1日だけしか検査を行っていないという保健所もあります。
ですが土日や平日の夜間に検査を行っている保健所などもあります。
性病の保健所検査を考えている人は事前に日程を確認しておく必要があります。

検査結果も対面で通知

性病に関して保健所検査をした後、検査結果は対面で通知されます。

性病検査キットで検査をすれば、インターネットや郵送で結果を知ることは出来ますが保健所検査ではそういった手段は選択できません。
電話での問い合わせや結果の通知も行われていないようです。

無料で匿名ではありますが、2度も保健所に出向く必要がある事に抵抗がある人も多いかもしれません。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所