性病の一種にクラミジアというものがあります。
クラミジアはクラミジア・トラコマチスという細菌の感染症です。

性行為をしたその日に発症するわけではなく、病気にはそれぞれ潜伏期間というものが存在します。
潜伏期間は病気によって発症まで数日のものもあれば数週間、数ヶ月と様々です。

クラミジアの潜伏期間

クラミジアの潜伏期間は1〜3週間程度といわれています。

そのため、クラミジアに感染した疑いがあっても、この潜伏期間が過ぎなければ検査をしても陰性となってしまいます。

自分がクラミジアに感染したかもしれないと思うのであれば潜伏期間中は性行為を行うことは避けるべきです。

クラミジアの症状

では、クラミジアに感染したとした場合どのような症状が出現するのでしょうか。

クラミジアに感染すると
男性ではおしっこをするときに痛い、尿道周囲がかゆい
女性では下腹部の痛みやおりものが増える

といったものが症状として現れることもありますが、まったく無症状のこともあるので感染しているかどうか気付かず経過しているなんてことは十分考えられます。

となると、予防のための知識をきちんと知っておく必要があります。
自分自身やセックスパートナーが自覚症状がないまま潜伏期間を過ごしていればクラミジアに感染しているなどとは夢にも思いません。

クラミジアの感染経路

クラミジアの感染経路はセックスをすることで精液や膣粘液を介して感染する場合や、オーラルセックス、アナルセックスで感染するといったことが考えられます。

クラミジアの予防と心得

クラミジアに感染しないようにするにはコンドームを正しく装着することやオーラルセックスをしないということになります。
最近ではオーラルセックス用のコンドームを販売されているのでオーラルセックスをする際は使用してみては。

あとは定期的に口腔粘膜や性器を検査し、クラミジアに感染していないかチェックをすることです。
潜伏期間が経過しても無症状なケースもあり、1度感染して治療すれば2度と感染しないというわけではありません。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所