かかった性病を教えてください。

風俗におけるオーラルセックスなどがきっかけで、淋菌が原因菌として起こる淋菌性尿道炎(淋病)に感染しました。

治療をしっかりとしておかなければ男性では精巣の炎症、女性では卵管炎や不妊症になったり、出産時には新生児にも感染してしまう非常に影響の大きい病気なので注意が必要です。

ちなみに淋菌に感染した人は、クラミジアに同時感染している可能性(2~3割いるそうです)もあるのですが、幸いにも私は淋病のみの感染でした。

淋菌性尿道炎(淋病)の体験談を教えてください。

私が30代の時「淋病」に感染したときのお話です。
当時は性病に対する認識も低く、ケアもできていない状況でした。

会社の先輩方と酔った勢いで風俗に行ったのですが、数日後排尿をする際に少し痛みを感じました。
その時はどこかで股間をぶつけて尿道が傷ついてるのかなと感じたくらいで、特段意識していませんでした。

その痛みが日を追うごとに焼けるような強い痛みに変わり、ねばっとした透明の粘液も出てきました。
そこで初めて性病を疑ったのですが、初めての経験で恥ずかしい気持ちもあり、なかなか通院する勇気がわきませんでした。

ほうっておいたら自然治癒するのではないかという甘い気持ちも抱いていましたが、残念ながらそんなわけもなく症状が悪化する一方だったので泌尿器科に通院しました。

先生は年配の男の先生だったのですが、看護師さんが横にいてものすごく恥ずかしい状況でした。
風俗に行ったことが原因かもしれないと話しているときは本当に逃げ出したかった心境です。

すぐに尿検査を行い、淋病の疑いがあるということで検体採取をしたのですが、これが今まで経験したことのない苦痛でした。

尿道に針よりも細い(であろう)綿棒のようなものを突っ込み、ぐりぐりとされるのです。
先生は慣れているので躊躇なくされます。今思い出しても不快でぞっとします。

検査結果は「淋菌性尿道炎」でした。
薬剤は確か「ニューキノロン薬」を処方されたと思います。

症状自体は薬を服用してから徐々に回復したのですが、当時子作りにも励みつつあった時期ですので、妻にはあれこれと言い訳をしながら完治するのを待った覚えがあります。

本当に完治したのかも目に見えてわからないので、精子への影響はないのか、妻側へうつしてしまうのではないかという不安はいつまでもぬぐえませんでした。

検査の不快さ、もしかしたらパートナーに迷惑をかけてしまうかもしれないということを含め、本当に恥ずかしい、嫌な思いをしましたので、その後風俗へ行くことはきっぱりと止めました。

皆様方もぜひ性感染症に対する認識を高めていただければと思います。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所