一般的に、性病は性行為で感染するもので膣分泌液や精液が粘膜に接触する事で感染していきます。
予防する手段としてコンドームの使用が効果的だと言われています。
ですが性病の種類によっては、コンドームで予防できないものもあるので紹介します。

コンドームで予防効果が高い性病は?

コンドームを使用したからとはいっても、しっかり使用できていなければ性病の予防効果も低くなってきます。
ですので、使用するタイミングや使用方法をしっかりとしたうえで着用している事が前提となります。

膣分泌液や精液と粘膜の接触で感染を拡大する性病は、コンドームでかなり予防できる確率が高くなります。
具体的には、HIVや淋病、クラミジア感染症です。
とくにHIVは感染力も弱いため、コンドームが予防にかなり高い効果を示すとされています。

トリコモナス膣炎も、コンドームで感染予防できる性病です。
ただし、トリコモナスの原因菌は乾燥に弱く水中で長く感染力を持ちます。
ですのでお風呂やトイレ、またタオルの使い回しでも感染する可能性があり、コンドームだけでは予防しきれない場合もあります。

コンドームでの予防効果が低い性病は?

コンドームでも予防はできるが、別の感染経路から感染する確率もかなり高いという性病について説明します。
まず性器ヘルペスですが、疲れたときなどによく唇にでるヘルペスが性器にうつることがあります。
口唇ヘルペスに感染している人の口が性器に触れた時に、感染させることがあります。

性器ヘルペスと口唇ヘルペスは、ウイルスの型は異なりますがよく似ているため、確率は高くないのですが口唇ヘルペスから性器ヘルペスを発症する場合があるのです。
また、逆の場合もあります。

尖圭コンジローマは、特徴的なイボがよく知られている症状ですが、この原因菌HPVは小さな傷から感染します。
性行為の際に粘膜に小さな傷がついた場合に、そこから感染するのです。
ですのでコンドームの使用は予防効果がありますが、外陰部や肛門周辺にもHPVは存在しているため性行為がなくても小さな傷口から感染する可能性は十分あります。

梅毒も、コンドームを装着していないところに症状(潰瘍)がでることがあります。
例えば病変部分が口にあれば、キスをするだけでうつるのでコンドームでの予防の効果は高くない性病でしょう。

B・C型肝炎についても性行為でうつる可能性があるので、コンドームの使用で予防が出来ます。
しかし血液を介して感染する事も多いため、コンドームの使用だけで感染予防することは難しいでしょう。

コンドームの効果がほとんどない性病

粘膜の接触や体液が感染経路とならない性病は、コンドームの予防効果がかなり下がります。

毛ジラミは、主に陰毛に感染しますが脇や頭髪にも感染することがあります。

毛ジラミのいる部位との接触で感染しますので、コンドームの予防効果は低いでしょう。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所