おりものの臭いがいつもと違うと感じたら、もしかして性病や炎症などの病気の徴候かもしれません。
ですが、おりものの臭いや性病については友人にもなかなか相談しづらいものです。
そこで今回はおりものの臭いと性病の関係をお話しします。

おりものとは?

おりものとは、子宮頸部や膣の分泌物と古い細胞などが混ざって体外に排出されたものです。
女性器の内部を清潔に保ってくれる働きがあります。

通常のおりものの状態は、無色透明かやや白っぽい色をしていて粘り気もありますが臭いはほとんどありません。
生理前にはおりものの臭いが少し強くなる場合もありますが、ホルモンの影響ですので通常は生理後にはふたたびおりものの臭いは通常に踊ります。

性病やなんらかの感染症のときにはおりものの臭いや状態が変化していきます。
感染により膣から入った細菌の死骸や、また細菌が繁殖しすぎるとおりものの状態が変化するためです。

おりものの臭いと性病

性病や感染症ごとに、おりものの臭いや色について説明します
まず、膣カンジダの場合は痒みが大きな症状ですがおりものの状態も変化します。
おりものの臭いは特徴的な変化はありませんが、カッテージチーズのような白いポロポロとしたおりものが大量にでてくるようになります。

カンジダはカビの一種で感染しても発症する事は少ないのですが、ストレスや睡眠不足などによる免疫力低下などで症状が発症する場合があります。
体調面とも照らし合わせてみましょう。

おりものの臭いに大きな特徴のある性病が、トリコモナス膣炎です。
魚の腐ったような臭い、と例えられることもありますが生臭くて強い悪臭のおりものになります。
おりもの自体も泡状になり、黄色や緑色っぽい色になります。

細菌性膣炎の場合も、おりものの臭いが生臭くなります。
性病ではありませんが性行為で感染し、他にもタオルの使い回しなどでうつることがあります。
淋病においても、おりものの臭いが生臭くなり膿のような黄色~緑色のおりもが増えます。

クラミジアに感染した場合には、おりものの臭いは変化しない場合が多いようです。
ですがおりものの量が増えたり少し黄色っぽくなることがあります。

そのほかにも、特定の性病でなくとも膣炎や子宮頸管の炎症などが起こり悪化している場合には、おりものの臭いが強く出る場合があります。
下着が汚れたままだったり、陰部が不衛生な状態のときにはチーズのような臭いになる場合があります。

おりものは健康のバロメーター

性病の症状には、おりものの臭いや色の他にも血液が混じったりすることもあります。
また、性器の痒みや下腹部の痛みがともなったりすることもあります。
おりものに違和感を感じたら、性病やなんらかの病気の徴候かもしれませんのでよくおりものを観察してみてください。

1位:セルシーフィット




2位:ふじメディカル




3位:さくら検査研究所