いんきんたむし、という病気を知っているでしょうか?
男性に多い病気なのですが、発症すると陰部に症状が出るため性行為で感染を疑う人も多いようです。
今回はいんきんたむしの症状や性行為との関連などについてお話しします。

いんきんたむしとは?

いんきんたむしは股部白癬(こぶはくせん)と呼ばれるもので、陰部が水虫の原因菌でもある白癬菌に感染する病気です。
主に男性に多く男性が多く感染しますが、もちろん女性も感染します。

白癬菌はカビの一種ですので、下着で蒸れたりするような気候の時期にはいんきんたむしにかかりやすいと言えるでしょう。
また原因菌が水虫と同じ白癬菌である事から、水虫の症状がある人はいんきんたむしになりやすいとも言われています。

いんきんたむしの症状

いんきんたむしは、おしりや股の内側などに症状が出る事が多いようです。
感染初期の症状は、赤い発疹が股やおしりに出てきます。
それが一面に広がり、周囲は堤防状に盛り上がってきます。

発疹は痒みを伴い、発疹が広がるにつれて痒みも強くなってきます。
最初はおしりや股の内側だけであったものが、性器へと症状が広がってくることもあります。
発疹は水疱になったり、膿をもった水ぶくれになることもあり、水ぶくれが破れて膿が皮膚に付着するとさらに症状を広げてしまいます。

いんきんたむしの予防と治療法

いんきんたむしの予防法は、普段から陰部の清潔を保つ事です。
そして、夏場は特に通気性の下着を使用するようにしましょう。
白癬菌の感染の可能性が高い大衆浴場を利用した後には、シャワーをしっかり浴びてから浴室から出る事やタオルは自分のものを持参するなど心がけましょう。

いんきんたむしは足の水虫と異なり股間に出る症状ですので、高温多湿になりやすく治癒するまでにも時間がかかると言われています。
治療法としては塗り薬で白癬菌を死滅させます。
白癬菌に効果的な内服薬を使用して治療する場合もあります。

痒みが強い時に、市販や過去に処方されたステロイド軟膏を塗っている人がいるかもしれません。
いんきんたむしの時にはステロイドで症状が悪化する可能性があります。
症状をよく観察して自己判断が難しい場合には手持ちの薬を塗らずに病院を受診しましょう。

いんきんたむしは性行為で感染する?

いんきんたむしの感染経路としては、大衆浴場やジムの入浴設備、トイレの便座など人から人へと感染すると言われており性行為でも感染します。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所