日本でもHIV感染者やエイズ患者は増加傾向にありますが、芸能人や有名人でエイズであることを公表している人はなかなかいないようです。
国内外の芸能人や著名人でエイズを公表している人やエイズで亡くなった方をまとめました。

フレディ・マーキュリー

イギリスのバンド「クイーン」のボーカルとして、世界的に有名な歌手です。
1991年、45歳で死去していますが、その後もCMやテレビ番組でフレディ・マーキュリーの歌声を耳にする機会がたくさんあります。

死因は、エイズの合併症によるカリニ肺炎と死後に発表されています。
世界的に有名な歌手がエイズにより死亡したことは、当時とても衝撃な事でもありましたが日本でもエイズの認知度が高まったのではないでしょうか。

キース・ヘリング

キース・ヘリングはアメリカの画家で、エイズ発症後31歳という若さで亡くなっています。
名前を知らない人も、その作品はユニクロやさまざまなブランドとのコラボ商品となって販売されていますので、見たことがある人も多いかもしれません。

エイズである事を公表し、作品を通じてエイズ撲滅活動に携わっていた事も有名です。
日本でも多くの芸能人が活動支援をしているAct Against AIDSのポスターにもキースへリングの絵が使われました。

ロック・ハドソン

ハリウッド映画俳優であった彼は、著名人、芸能人として世界で初めてエイズ患者であることを公表した人でもあります。
1985年にエイズ発症後、死亡しています。
エイズ患者であると同時に同性愛者である事も告白し、当時世間に大きな衝撃を与えました。

日本の芸能人でエイズ患者は?

1980年代後半から1990年代にかけて、多くの著名人や芸能人がエイズである事を公表しています。
その後も、公表している芸能人は多くいますが日本の芸能人でエイズを公表した人は今までほとんどいません。

飯島愛はエイズで死亡した、UA(歌手)はエイズであると自ら言った、という芸能人の噂もありますが、どれも信憑性は低く噂にすぎません。
また、十数年前から病院に通ってエイズの治療をしている芸能人がいるとの噂もありますが、これもエイズ治療をしていると言う根拠がありません。

エイズ発症後はエイズに関連した感染症や腫瘍により亡くなる事が多いです。
ですので、エイズにより肺炎を発症し芸能人が亡くなった場合も「エイズで逝去」というよりも「肺炎で逝去」という報道になるかもしれません。

日本は他国と比較すると、エイズに関して怖い病気だとか否定的な見方をする人も多く、同性愛者に対しても否定的なイメージを持つ人が多い事も否めません。
こういった事から、自身のイメージの悪化や世間の混乱を招かぬよう、エイズである事を公表しない芸能人がいてもおかしくはないのかもしれません。

1位:セルシーフィット




2位:ふじメディカル




3位:さくら検査研究所