かかった性病を教えてください。

学生時代にトリコモナス膣炎にかかりました。何か下半身の様子がおかしい、やたら痒いのとじわりとした違和感を感じて病院を受信しました。

それまでに、ストレスでカンジタ膣炎にもかかったことがあったので、それかなと思い受診しましたが、結果が当時あまり聞いたこともないトリコモナスだったため、びっくりしてショックを受けたのを覚えています。性行為時にはコンドームも使用していましたし自分が性病にかかるとは思っていませんでした。

トリコモナス膣炎の体験談を教えてください。

私は自分に憶えが無かったので、原因は相手からもらったものだと思いましたが、当時付き合っていた人は自分は潔白でまったく身に覚えが無い、と言っていました。

このことではお互い喧嘩になりそうになりましたが、一緒にトリコモナスについてネットで調べ、タオルや入浴時に感染することもある、という説を当時は2人で支持することにしました。

痛くない腹を探られるのはお互い気分の良いものでは無かったので。実際治療が終わってから再発することは無かったので、それで良かったのかなと思っています。

検査料金は薬代も含めて5千円ほどだったと思います。
症状としては、カンジタほどではないやや感じる痒みと、じんわりとした下腹部の違和感でした。和式のトイレに座った時に、小用を足した後、しずくのように落ちる尿が水面で妙に濁っていたのが特徴的だったと思います。

治療が終わるとその症状がなくなりました。
その時お医者さんには、自覚症状が全く出ないケースもあるので、気づけてよかったと言われました。気づかないと不妊や妊娠をしてもこれが原因で流産になることもあるとのことでした。

治療は、パートナーの分も薬を処方してもらい、フラジールという薬を10日間飲みました。ちなみにパートナーは受診もしていません。

その後私は再検査に行き、培養検査を受けて、無事に菌が発見されずに完治となりました。
それでも半年後、一応確認のため婦人科を受診して自分自身の抜き打ち再検査をしてみました。その結果も問題なしでしたので疑い続けなくてよかったと思いました。ちなみにその時の受診料は薬がなかったためか3千円ほどでした。

下半身のことはついつい受診するのがつらいと思いがちでしたが、きちんと検査して自分を健康な状態で保っている方がよっぽど辛くないと思えるようになりました。

相手はプロだからこちらの恥ずかしさもわかっているし、さらに気にもしていないんですよね。
それならば安心して相談できる場所を見つけておくことが大事だなと思えるようになりました。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所