婚姻関係にある夫婦のどちらかがクラミジアに感染した場合は衝撃のあまりパートナーの浮気を疑ってしまうのではないでしょうか?

まさか自分以外の誰かと深い仲に・・・。

なんて考えてしまいますよね。
クラミジアは確かに性行為によって感染する性病ですが、潔白な夫婦であっても感染する可能性が実はあるんです。

口腔粘膜にもクラミジアは潜んでいる

クラミジアはオーラルセックスでも感染します。
なにかのきっかけで女性の場合は検査をして陰性だったからといっても咽喉の粘膜はどうでしょうか?

のどの粘膜にクラミジアの細菌が存在すればオーラルセックスでクラミジアは感染します。

勿論、女性だけでなく男性にも同様のことがいえるため局部や咽頭粘膜を検査しておくことをおすすめします。

治療は夫婦揃って一緒に

夫婦でオーラルセックスをすれば相手にも感染しますし、口腔内にも菌を移動させることになります。
必ずしもクラミジアに感染したからといって夫婦のどちらかが第三者から感染させられたということではありません。

当然、風俗店を利用したり浮気をしてクラミジアに感染してきたという可能性も決して0ではありませんが。

また、クラミジアは自覚症状がなくても感染している場合もあるので夫婦間できちんと検査をしておくのもいいかもしれませんね。
クラミジアは自然に治るということは望めません。抗生物質を内服する必要があります。

感染経路が夫婦間のオーラルセックスなどによる感染か、はたまた別の誰かからの感染かはパートナーである相手を信じる以外にありません。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所