かかった性病を教えてください。

不妊治療中に、夫の口にできた口唇ヘルペスを移されたことによってできた、性器ヘルペスです。もともと私にはヘルペス菌は存在していませんでしたが、このことにより、これから一生ヘルペス菌を体に持ったまま生活することになり、そのことを医師から伝えられた時はショックでした。

また、出産時に性器ヘルペスになった状態だと、赤ちゃんに障害ができてしまう、というリスクをもってしまい、この病気を移されてしまった自分をものすごく責めました。

性器ヘルペスの体験談を教えてください。

不妊治療を始めた頃、お風呂でシモに何かプツっとしたできものができていることに気づきました。その時点では、ただ出来物があるだけで痛みも何もなく「なんだろう」といった感じでしたが、その時、不妊治療で、夫の精子を調べるため(フーナーテスト)その晩に性交渉をするよう医師から指示されていたので、そのまま続行しました。

翌日産婦人科へ行き、問診時に医師に「出来物ができている」ことを伝え、診察してもらうと、見た瞬間に「あぁ、これはヘルペスだね~」と言われました。過去にヘルペスにかかったことがあるか問われましたが、一度もなかったのですが、ここで思い当たることがあり医師に伝えました。「夫の口にヘルペスができています。」

医師は、「それは移りますね~」と。その後、これだけ出来物ができていて、性交渉が普通にできたのか?と聞かれ、まだ対して痛みがなかったので実行できたことを覚えています。
初めてのヘルペス感染なので、熱が出て、しんどくなると聞き、そのまま帰宅しました。

抗生剤と塗り薬を5日分処方されていたので、すぐ治るのかな、と思っていましたが、安易な考えは見事打ち砕かれ、その後発熱、シモのできものも時間が経てばどんどん痛くなってきて、座るどころか、動くことが怖いくらいの痛みに悶絶しました。このような状態でも、トイレには行かねばならず、これはもう、苦行のような時間でした。

お風呂も清潔にすべく毎日入り、お風呂から出た後は塗り薬を塗りましたが、普段大好きなお風呂でさえも、とても苦痛でした。

発熱したのは2日ほどだけでしたが、痛みは抗生剤5日分を飲みきってもまだ痛く、塗り薬に頼って生活をしました。

もう2度と性器ヘルペスにはなりたくない、と強く強く思いました。

夫から移されたヘルペスでしたが、病院に行った晩に夫に「性病だった」ことを告げると、自分が犯人ではないと思っていた夫は「なんでそんなことになったん?俺の他に男がおるんじゃね?」と言われたことが、ものすごく腹が立ったのを今でも覚えています。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所