かかった性病を教えてください。

数年前にカンジダ腟炎にかかりました。(性器カンジダ症)
今は再発していませんが、カンジダになったせいで膣周りが荒れやすくなり薬が手放せない生活を送っています。

現在、不妊治療もしている身ですので何とも切なく悲しい現状です。
カンジダ腟炎は私の中で性病という認識があまりなかったのですが、一種の性病として一覧に表示されるのを目にするたびに早く完治することを目指して治療を頑張ってきました。

男性の方にはあまり掛からないそうなので女性の方で何か役に立てて頂けたら幸いです。

カンジダの体験談を教えてください。

もともと不妊治療の為に産婦人科へ通院をしていました。

そこで最初に膣の炎症が見つかり、それを治すために投与した薬の拒否反応と体調不良のせいでカンジダ腟炎に掛かりました。
最初は酷い痒みに悩まされ、そのうちヨーグルト状の白いオリモノが出てくるようになりました。

また、もともと性交痛はあったのですが、カンジダ腟炎になってからは擦り傷をこするような激痛に襲われていました。
通院の途中で発覚したのでそのまま治療することになったのですが、もとは病院の薬が原因でしたので検査費用はほとんど支払っていません。

その時は治療薬のみでだいたい300円~400円ほど掛かりました。
治療は直接患部への薬の塗布と座薬のような薬を膣へ入れるものです。私は膣の炎症を治す為、すでに似たような治療をしていたので特に抵抗はなかったです。
治療を始めてすぐに痒みがなくなりました。

ちなみに治療中の性交渉は禁止なので性交痛に関しては分かりません。
薬を頂いてから約2週間後に再検査でしたのでまた2週間後に病院へ行きました。
検査では細菌がほとんどいなくなっていると教えて頂き、不妊治療へ戻ることができました。
しかし2カ月後くらいにカンジダ腟炎が再発し、また激しい痒みと性交痛の痛みに悩まされるようになり、不妊治療を止めカンジダ腟炎の治療を再開しました。

カンジダ腟炎の嫌なところは癖になるところらしいのですが、私の場合は性交回数が頻繁な時と夏、体調不良になっている時によく再発します。
夏は蒸れることが原因で発症する方が増えているそうです。

その後治療を数回繰り返し、現在半年間ほど再発はしていない状態が続いています。
ただ残念なことにカンジダ腟炎のせいで膣周りがかぶれやすくなってしまい、すぐに擦り傷のようなものができて性交が思うようにいかなくなりました。

現在は何度検査しても細菌が発見されないので、ただのかぶれや傷だけなのですが市販の薬を塗らない日はないです。

カンジダ腟炎は性交症による感染がほとんどなく、原因の半分以上がストレスや体調不良、ピルや抗生物質の服用だそうです。

その為、性病という意識は自分の中にあまりありませんでしたが、まさかこんなに大変な病気だったとは…と悲しい治療を継続しています。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所