かかった性病を教えてください。

だいぶ前にはなりますが、私は当時のパートナーとかなりの頻度で性行為をした経緯があり、そのとき初めてクラミジアにかかってしまいました。

まさかこんなことが自分の身に降りかかると思いませんでしたが、ある日性交をしたあとから排尿時に痛みを感じるようになり、数日間様子を見ていましたが、その痛みが治まることをなく経過したため、泌尿器科へ受診しました。今まで泌尿器科の病院を受診したことがなく抵抗がありましたが、勇気を持って受診しました。

クラミジアの体験談を教えてください。

一番の原因はコンドームを使用しない性交をしたことだったそうです。自分でなくてもパートナーが感染していればオーラルセックスやコンドームを使用しない性交が問題であったそうです。病院では診察の台に横になり看護師と医師に陰部をみられて触診で検査されました。

それから診断され、抗生剤での治療をしていくこととなりました。抗生剤を飲んでから、2週間後に再度受診し、触診、経過観察され、念のためまた抗生剤を処方され2週間後に再受診といった流れでした。

抗生剤をのんでからは痛みやそのほかの症状はなく状態は軽快しました。私が受診した病院は泌尿器科の病院でしたが、地域によっては泌尿器科のほかに性病科という専門の科を持っているクリニックや病院もあります。泌尿器科に行くのが恥ずかしい方、深刻で悩んでいる方は、専門の科を持っているところがよいと思います。私は症状が比較的軽いほうであったので抗生剤と診察料等で済んだので、費用も多くかかりませんでした。

いまでは健康な生活を送ることができていますが、性交の際にはいろいろ気をつけていかなければな、と思っています。性交する際にはコンドームを使用して相手から病気をもらうことを防ぐだけでなく、自分がパートナーに移さないようにするというのも意味合いとしてはあるので自分も相手も守る意味では必要です。

もし、性病かな、と感じたら早めに専門医に受診をすることがはやく状態が軽くなることにもつながりますし、相手を守るということにつながります。そのまま放っておくと悪化したり、相手に感染させてしまうリスクがどんどん高まってしまいます。

だから、早期発見、早期治療で相手も自分の体も守っていくことがよいと思います。いまでは、いろいろなところが感染リスクを持っているところがあります。パートナーが感染源になるだけでなく、風俗での性交もまた感染源といえます。不特定多数との性交をしているところに近づかないことはある意味予防策と言えると思います。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所