かかった性病を教えてください。

妊娠中にカンジタ膣炎になりました。
妊娠前、産後になることは無かったのですが、妊娠2回中2回ともカンジタ膣炎を患いました。

妊娠中になりやすい性病であるとの説明を受けたのですが、診断された当時は恥ずかしくて仕方ありませんでした。
なかなか周りに話すことも聞くこともありませんが妊娠中に管理入院が必要になり、同室の方々と話している間に殆どの方が患ったと聞きホッとしました。

また次に妊娠するとしたらまたカンジタ膣炎もセットかと思うと憂鬱です。

カンジタ膣炎の体験談を教えてください。

妊娠中に行われる一般的な性病検査でわかりました。
初めて患った時は性病の症状なんて知りませんし、調べたことも無かったので自覚症状はありませんでした。
何か兆候はあったのかも知れませんが全く気付かず、妊婦健診でカンジタ膣炎だと診断されまさした。
2回目はさすがに体験していたので「またか」と診断される前にカンジタ膣炎になった事がわかりました。

もしかしたら1回目より症状が酷く出たのかも知れません。
お股が腫れ上がったように赤くなり痒くて仕方なくなりました。
腫れ上がった為にかゆいというよりは、おりものが水のように変化し量も増えた為にかぶれたようです。

お医者様からは痒くても触らないようにと言われましたが、じっとしていられるような痒さではありませんでした。
しかし妊娠中のことでしたからお腹の赤ちゃんに悪影響が出ないようにと我慢しました。
どうしても我慢できない時は濡らしたガーゼをお股に当ててやり過ごしました。

また清潔に保つ為におりものシートを使いましたが、逆に痒さが増したのでパンツを頻繁に交換することにしました。
入浴以外でもぬるま湯でお股を洗い流し、とにかく清潔にすることを心がけました。
治療は2回とも抗真菌薬の膣剤がでました。

小さな入浴剤のようなお薬で入れるのが毎回恥ずかしかったです。
誰に見られるわけではないのですが、膣に深く入れるよう指示がありましたし何でこんなことをという気持ちでした。

しかしこのお薬のおかげかポロポロとしたおりものに変化する前に症状は改善し、1週間程度で気にならなくなるまで治りました。
2回目の時は繰り返してしまい妊娠初期と中期の2回治療を行いました。

繰り返してしまった時に看護師さんからアドバイスを頂いたのですが、お股を石鹸で洗うのが良くないとのことでした。

デリケートゾーン専用の石鹸かぬるま湯で流すだけで充分なのだそうです。
治療費は妊婦健診と一緒に払っていたので定かではありませんが、高い!と思ったことは一度もありません。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所