かかった性病を教えてください。

私は3種類の性病にかかりました。
1種類目はカンジダ膣炎です。カンジダ膣炎にはもう数え切れないぐらい患っています。自然治癒は難しいし、心配なので患ったことが判明すると直ぐに病院へ行きます。

2種類目は陰部ケジラミです。ケジラミを患ったのは一度だけです。二度と患いたくない性病です。
3種類目はクラミジアです。クラミジアは2回患いました。クラミジアを患ったことが判明したきっかけはパートナーへの感染でした。

カンジダ膣炎・陰部ケジラミ・クラミジアの体験談を教えてください。

初めてカンジダ膣炎を患った時には風俗店で勤務していました。お客様が私の肛門に指入れをした指で膣を弄りました。これはいけないんじゃないかと内心ヒヤヒヤしていたら、案の上カンジダ膣炎を患いました。激しいかゆみと大量の白いパサパサとしたおりものがでました。とにかくかゆくていてもたってもいらレませんでした。

直ぐに病院へ行き、治療をしてもらいました。治療方法として、最初に膣分泌物を採取します。採取した結果、カンジダの原因である真菌が採取されると、膣洗浄を行います。洗浄を行った後は、膣内に錠剤をいれ、陰部にクリーミを塗ります。診察後には、約1週間分の膣内挿入専用の錠剤と陰部に塗布する薬が処方されます。これらを毎日使用していくと症状が治まります。症状が治まった頃に病院へ行き、再度検査をしてもらいます。検査で真菌が採取されなければ治療は終了です。検査費用はおよそ2000円程です。

クラミジアも風俗店勤務時に患いました。クラミジアに関しては女性は全く症状がありません。女性がクラミジアを患ったことに気がつく時は、大抵パートナーに感染させてしまったときです。男性はクラミジアを患うと陰部に激しいかゆみが出るそうです。パートナーからの告発で感染に気がつきます。クラミジアは性交渉でしか感染しません。パートナーに風俗店で勤務していることを内緒にしていたので、感染させてしまったことにとても罪悪感を感じました。クラミジアの治療は、病院で処方される飲み薬を使います。クラミジアの菌を殺す飲み薬を使うことによって1週間ほどで完治します。治療は、パートナーと同時に行います。検査費用はおよそ3000円程です。

ケジラミも風俗店勤務で感染しました。ケジラミと同時期にカンジダを患っていたので最初はカンジダの影響で痒みがあるのかと思っていました。しかし、カンジダが完治しても痒みが取れなかったので不審に思い、陰部を見ると無数の小さな白い虫が陰毛にいました。

びっくりして病院へ行こうとしましたが、病院へ行くと剃毛されるという情報を得たので病院へは行きませんでした。どのように治療したかというと、市販のケジラミシャンプーを使用しました。3日使用したら完治しました。
性病は自分だけでなく、パートナーにも迷惑をかけます。複数人との性交渉は性病の危険性がありますので絶対に避けて下さい。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所