かかった性病を教えてください。

私はトリコモナス膣炎、カンジダ、クラミジア、性器ヘルペスになりました。
どれも20代の時にかかりました。

性器ヘルペスは完治というのはなく、疲れてくると症状が出てしまうのでとてもショックです。
また病院で性器ヘルペスと診断され、その時付き合っているパートナーにパートナーが原因かもしれないかと思い、話をしましたが、聞いてくれませんでした。

トリコモナス膣炎はパートナーにおそらく私がうつしてしまい、一緒に治すことを説明しましたが、病院に行く暇がないと言われ、ピンポン感染を何回かしてしまいました。

トリコモナス膣炎、カンジダ、クラミジア、性器ヘルペスの体験談を教えてください。

カンジダを除き、他の性病はやはり感染を防ぐためにコンドームをつけることをしなかったことが1番の原因だと思います。

あるパートナーは病院に行く時間がない、時間があってもお金がないという理由で行ってくれず、ピンポン感染をしてしまいました。

検査費用は病院だと保険が使えるので2000円もかからなかったと思いますが、ネットで買える検査キットは診断結果料金も含めて1万円くらいかかります。
トリコモナス膣炎の症状はおりもののにおいがきつくなります。

ひどい時は服を着てる状態でも自分ではにおいを感じることがあるので、周りにそのにおいがしているんじゃないかと不安になります。

性器ヘルペスは高熱、不正出血、大量のおりもの、陰部の痛み、陰部にできものができます。
不正出血があったので、婦人科ではガンも疑われ子宮頸がん検診を急遽行いました。
検査結果を聞くまではガンだったらどうしようととても不安でいつも泣いていました。
親になんて言おう、自分の将来は…と考えて悩んでいました。

クラミジアはおりもののにおいがきつくなるのと陰部に痒みが出ます。
どの性病になってもまずは検査があり、1週間は検査結果を待つために何もしてくれない病院が多いです。
そのあとだいたい1週間分の服薬をしてまた検査を行い、1週間後にまた検査結果を聞きに行って陰性なら治療終了ですが、陽性の場合また薬を飲まなくてはいけません。

トリコモナス膣炎の薬は抗生物質なのですが、その薬がもう製造されていないので処方されても出せない薬局が多いと薬剤師の方に言われました。

代わりの薬が作られているのか、ということはわからないとその当時は言われました。
私の行っている婦人科は1回ヘルペスで見て先生が判断したら膣洗浄もしてくれます。
検査結果が出る前にもそこでは膣洗浄をしてくれます。

膣洗浄は保険がきいて400円くらいなので、行ける時にできるだけこまめに行って綺麗にしてもらいます。
でも1番大切なのはパートナーと一緒に治すことです。
じゃないと治るものも全然治りません。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所