かかった性病を教えてください。

膣カンジタ炎にかかりました。普段から膣内や口腔内に居る真菌でカビの一種らしいです。寝不足や風邪などで体の抵抗力が落ちた時に発症することが多いようです。また性交渉でもかかる病気らしいです。主な症状は白いぽろぽろと固まったようなおりものが出る、膣が赤くただれたり、激しいかゆみがあるなどです。抗生物質やステロイド剤の服用中にもかかりやすいらしく注意が必要です。トリコモナス症という性感染症と症状が少し似ているので、自己判断せず病院で診てもらう必要があります。

膣カンジタ炎の体験談を教えてください。

 26歳の時にはじめて膣カンジタ炎にかかりました。はじめは外陰部が少し痒い程度の症状であまり気にしていなかったのですが、痒みがどんどん強くなり下着にポロポロとした白いおりものが付くようになりあきらかにおかしいと感じました。痒みのため夜も眠れないほどで外陰部が熱く感じ、夜にシャワーで冷やしたりもしました。デリケートな部分の痒みを抑える市販の軟膏も試してみましたが全く効果がなく、不安や恥ずかしさはありましたが病院に行って診てもらうことにしました。

病院ではおりものの一部を取り菌が居るか調べてくれました。似た性感染症であるトリコモナス症もあるのでそちらの検査もしてくれました。その場で錠剤の薬を入れてもらい、数日分の錠剤や軟膏を処方してもらいました。この錠剤がよく効き、嘘のように痒みや炎症が引きすぐに治りました。

 ただこの膣カンジタ炎という病気は繰り返し発症しやすいようで、私もそれ以降も三回くらいかかってしまいました。二回目は翌年の夏にかかりました。仕事が忙しく疲れがたまっていたころ痒みが現れたので、またかと思いました。この時ははじめての時ほど痒みはなかったのですが、同じような症状だったので再び産婦人科にかかりました。前回と同じように錠剤を入れてもらいすぐに治りました。

その翌年も夏になると軽い痒みが出てきて、カンジタ炎かなとは思いましたが、忙しくてなかなか病院に行けず、そんな時にカンジタ炎の市販薬があることをテレビCMで知り、薬局で購入してみました。この薬は、以前に一度病院で膣カンジタ炎と診断されたことがある人しか買えないようです。

私は繰り返し発症していたので、おそらくその時も膣カンジタ炎だろうと思ったので市販薬を使ってみることにしました。この時は市販の錠剤が効いてすっかり治ってしまったのでよかったのですが、そのまた翌年の夏に同じ症状が出て、市販の錠剤を使用した時はなぜか痒みがおさまりませんでした。

結局病院で診てもらったのですが、やはり膣カンジタ炎でした。病院の薬のほうが効くということではないと思うのですが、病院に行ったほうが診断が確定するので、不安が長引かずいいなと思いました。それからはかかっていませんが、かかりやすい体質のようなので、普段から健康には気を付けるようになりました。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所