かかった性病を教えてください。

梅毒という感染症に4年前ほどにかかりました。感染してからから、3か月以内で検査をして気づいたので、すぐに治療を開始、担当医師からは完治したとかかってから1年後、通知されました。梅毒といっても感染した場所によって症状は変わりますし、発見しにくい場合もありますが、私の場合は口内への感染だったということもありすぐに異変に気づいたこと、そして感染元となった人から連絡があったことが早期検査と早期治療に結び付きました。

梅毒の体験談を教えてください。

当時付き合っていた彼女の元カレが梅毒だったようで、私が付き合い始めてから、2週間目ごろのキスが原因で感染したと予測しています。当時、彼女も口内炎ができたといっていたこと、そして、私が唇に小さな切り傷があったことから、彼女の口内炎は口内炎ではなく梅毒による感染からできたできものであり、そこから梅毒のウィルスが私の口の切口から侵入したことで、2週間後にはその切り傷があった場所に痛みがない口内炎のようなものができました。彼女から連絡があり、自分も感染しているかもしれないと思ったのが1か月後でした。2週間後にはネットで探した医療機関で検査を受けました。HIVの検査も併用で受ける必要があり、1万円ほど支払いHIVと梅毒の検査を受けました。

そのときには口の症状は消えていましたが、足の付け根にあるリンパにしこりのようなものがありました。その他、感染したのではという心的なストレスはありましたが体がしんどい、だるい、熱があるなどの症状は一切ありませんでした。梅毒の検査のみにポジティブが見られたので専門医を紹介され、早速治療にかかりました。しかし、専門医でも再度検査されたため、実際治療には初めの検査から2週間以上かかりました。治療は梅毒ウィルスに効果のある抗生物質1日3回の所要を3か月間と筋肉注射を週1回行いました。

飲み始めてはじめの2日間ほどは菌が死滅すること体が反応し、38度近く熱がでました。しかし、その後はなんの異常もなく医師の指示通り、薬を毎日3回のみ続きけ、筋肉注射を受けました。筋肉注射はおしりに打つのですが、慣れていないときは痛みがあり、注射後もしびれを感じていました。慣れるとそこまで気にならならくはなりました。

3か月の治療が終わったあと、再度血液検査をし、体にあるウィルスへの抗体が半分まで下がっていることから治療は効果的と判断されました。それから1年は血液検査を受け、ウィルスがまだ残っていないかを調べました。抗体はウィルス自体ではにので少し増えたり、下がったりを繰り返すらしく、診断は専門医でないと難しいようです。1年後にはその医師には完治という判断をもらいましたが、他で梅毒検査をすると抗体が少しまだ残っているのでポジティブになります。一生、血液に梅毒になった歴史が残るので定期的に検査の上、専門医にはレターを書いてもらうなどして他の医師に説明できるようにしています。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所