かかった性病を教えてください。

男性よりも女性に多くみられるカンジタ症にかかりました。カンジタ症にも色々と種類があるのですが、私は膣カンジタ症というものでした。女性特有の病気とも言われているほど女性に多くみられるそうです。性病は性行為が原因なのかと思っていたのですが、私の膣カンジタ症はそうではなかったのです。実際私も覚えのある性行為がなかったので違うことが原因でした。この膣カンジタ症は再発が多いと言われているのですが、私も二回かかってしまいました。

カンジタ症の体験談を教えてください。

私が一番最初に感じた症状を一言で表わすのならば「とにかく痒い」です。普通に少し痒い程度ではありません。我慢出来ない痒みが突然発症し、性器から肛門にかけての痒みがとにかく酷かったです。

こんな事は今まで無かったので、これは性病なのかとすぐに疑いました。おりものが増えているという事も痒みの後に気がつきました。

全く知識がなかったので、市販の物や自然治癒というのは怖くなり、痒みを感じて二日後に婦人科を受診しました。性病だったら恥ずかしいという気持ちがあったので、事前に女性の先生が居る婦人科を調べてから行きました。

そこで膣カンジタ症と診断されました。性病というのは性行為から感染するのが、一般的だと勝手に思っていた私ですが、そうではありませんでした。カンジタ症は免疫力の低下、疲れ、ストレスから菌が繁殖しておきることが多いと教えてもらったのです。

私はその頃転職したばかりで、かなりのストレスを感じていました。睡眠時間の乱れもありました。なのであきらかにそれが原因となったのだと思います。

病院での治療は、膣内の洗浄をしてもらいカンジタの菌を抑える膣剤というのを膣の中に入れてもらい、これは一週間効果があるという事でした。後は塗り薬をもらってきました。

そうした治療をして、私の場合は通常より短い期間で症状は治まり、一週間後には痒みの症状もなくなりました。再度受診した時には膣剤も入れることなく、痒くなければ塗り薬も終わりにしていいとの事でした。

その時に先生にも注意されたのですが、カンジタ症は再発するという事です。私も生活習慣の乱れ、ストレスがその後も続き二ヵ月後にまた同じ症状にかかってしまい同じ治療をすることになりました。

その後はかなり気をつけて過ごしています。性病を受診するのは恥ずかしいなんて思いもありましたが、婦人科をきちんと受診する事によって原因などが分かる事が出来ました。受診して良かったと思っています。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所