性病の一種である梅毒を知っていますか?

梅毒とは

梅毒は以前は不治の病として存在しました。
1940年にペニシリンという抗生物質が開発されてからは治る病気になりました。
しかし、現代も代表的な性病であることは変わりありません。

梅毒の原因

原因はグラム陰性の細菌、スピロヘータの感染によっておこる感染症です。

スピロヘータは実は身のまわりに存在する常在菌ですが、一部が人間に対し病原性をもつようになるため梅毒を引き起こす原因となります。

梅毒の感染経路

梅毒の原因は性行為による感染です。

梅毒に罹患した女性が妊娠すれば胎盤を通して胎児にも感染する原因となることがあります。(母子感染)

他にも輸血等を介して感染した時代もありましたが、現在はそのような可能性はほとんどありません。

ここでは、性行為によっての感染を説明します。

梅毒はオーラルセックス、性行為を介して感染します。
感染者の生殖器や口腔や肛門などの粘膜に存在する梅毒の原因菌が行為によって他方の皮膚や粘膜から体内に侵入し感染します。

不特定多数との行為やコンドームを装着しないで行う行為、男性同士の行為などでも感染する原因となります。

梅毒の症状

梅毒の症状は病気の進行によって4つの時期に分けることができますが、日本では医療の発達などによって3期以降になることはありません。
なので1期、2期について説明します。

1期

感染者との行為から3週間から3ヶ月の時期がこの時期にあたります。
梅毒の原因菌が感染した部位に痛みを伴わないしこりを生じ、膿を出します。これは硬性下疳といいます。

このしこりは直ぐに消失しますが、稀に潰瘍を形成します。
足の付け根のリンパ節が腫れますがこちらも痛みを伴いません。
治療をしなくてもこれらは自然に消え、治ったように感じます。

2期

特徴的な皮膚症状が出現します。
全身にバラ疹と呼ばれる発疹が現れます。

治療しなくても改善します。
ほかにも全身倦怠感、発熱、関節痛などの症状を伴います。

梅毒の治療

1期や2期の症状が皮膚症状が出現した際には医療機関を受診するようにしましょう。
前述した通り原因となる菌に対して効果のあるペニシリンが開発されたため治療は抗生物質となります。

1期であれば長くても4週間、2期は8週間ほど治療にかかります。

梅毒に感染しないためには極論で言えば原因となるSEXをしないことです。
しかし、これには無理があります。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所