かかった性病を教えてください。

20歳のころ、黄色いおりものが気になり病院へいったところ、膣カンジダ症と診断されました。
膣カンジダ症とはおりものの色が白から黄色くなり、悪臭がするものです。
性病と聞いて、当時の彼氏からうつったのか、と不安になりました。

かゆみ等がなかったのが幸いでしたがいつもオリモノシートを着用しなければ下着が汚れてしまうのでとても不便でした。
洗いすぎるのもよくないときいたので、そこからはデリケート部分なのだと改めて認識し、丁重に扱うよう心がけました。

膣カンジダ症の体験談を教えてください。

発症は20歳の時でした。
おりものが黄色く異臭をはなっており、気を抜くと漏れてくる。
かゆみ、痛み等はなかったのですが異臭が気になり婦人科へ行きました。

ああ、カンジダだね、と先生に言われ軽いなぁと思ったのが印象的でした。
よくあるらしく、性行為での感染ではなく、カビの一種という事も教わりました。

洗いすぎていない?と聞かれ、膣の中方までは洗わなくていいんだよ、泡もだめだよ。と言われました。
当時の印象としてはやはりキレイにしなきゃ!と張り切っていたのも事実なのでこれには驚きました。

診察の流れとしてはまず婦人科といえば開脚台!
診察は数回行いましたが最後まで慣れることはありませんでした。

あの台の上に乘って中を診察して頂き、薬をいれ、タンポンを詰めてもらいました。
タンポンもこの時初挑戦で、なんか気持ち悪いような、安心感のあるような、不思議な感覚のまま診察は終了しました。

ほんの20分くらいですみましたし、費用も1回千円いくかいかないか、くらいだったんじゃないでしょうか。
これを2周に1回くらい、2カ月ほど続けまして収まりました。

しかしながら何回か再発しています。
市販薬もよく売ってるみたいなので皆さんそうなのか、気を付けているつもりがまだ配慮が足りないのかわかりませんが
完治して再発しないように気を付けていきたいなあと思います。

性病といったらもう一つ。
わたしがかかった訳ではないのですが、当時の彼氏の性器に口内炎のようなものができまして
病院へ行ったところ、彼女からうつったんじゃないか、と言われ、慌てて婦人科へ駆け込んだこともありました。
結局わたしは問題なし。で、誰からうつったの?となったことがありました。

性病といってもたくさん種類があり、なかなか人に聞きにくいものなので
わたしはネットで症状の確認をし、婦人科へ行きました。
先生も優しい女の先生で、色々親身に話を聞いていただきました。
もし友達が困っていたら、すぐ婦人科へ行くよう勧めたいと思います。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所