かかった性病を教えてください。

性感染症ではないので性病と呼んでいいのかは分かりませんが、以前異性と体の関係を持った翌日に生まれて初めてカンジダに罹りました。まさか自分がこういった病気になるとは思ってもみませんでしたし、何よりも最初はカンジダではなくて、性感染症に罹ってしまったのではと不安でした。

しかしお相手の男性はカンジダを持ってもいなかったし、後々調べてみたらカンジダは女性の病気だと知り、じゃあどうしてこうなったんだろうと更に不安が増しました。

性病の体験談を教えてください。

ありがたいことに生理不順もないので、この時生まれて初めて婦人科というところに行きました。なのでいくら掛かるかも、どんな診察をされるのかも分からず怖かったです。

しかし担当の女医さんがとても丁寧に診断して下さって、一週間分のお薬を出してくれました。初診だったのもあって確か2000円くらいでしたが、これであの苦痛がなくなるのなら…!と安く感じました。

治療はあの分娩台のような椅子に寝転がり脚を広げて触診、薬の挿入という流れで、自分と女医さんの間にカーテンの仕切りがあったもののやはり恥ずかしかったです…。

カンジダは陰部が赤く腫れ下着が擦れると痛痒く、透明な織物がしょっちゅう出るという厄介な症状の病気でしたが、婦人科で診てもらって薬を挿入されてからはかなり軽減されました。
しかし再発も多いらしく、一週間ごとに婦人科へ行くということを私は一ヶ月くらい繰り返しました。
基本的にはカンジダ菌の増殖を調べてもらったり、薬を挿入してもらったり、膣内洗浄してもらったりという治療法だったのですが、私はカンジダ菌が多かったせいでしっかりここで治療して置かないとまた直ぐ再発してしまう可能性が高かったので入念に通院しました。
どうやらジーパンやタイツ、綿以外の下着等通気性の悪いものも悪化する原因のようなので極力出掛けるときはスカートで下着は綿のパンツ、家ではロングスカートのゆったりとしたワンピースにノーパンで過ごしていました。

しかしそれでも季節が変わる時期や、生理前、ストレス過多になった時など何度か繰り返し再発しましたが、もう自分でも対処法がわかっていましたので市販の薬でその都度治してきました。
カンジダに完治はないらしいのですが、あれから数年経っていますけど再発はもうしなくなりました。

最後に原因だったんですが、どうやら性交渉のせいではなく、ストレスや寝不足のせいで体内のバランスが崩れて発症してしまったみたいです。
結構簡単になってしまう病気なので、これからも気をつけて行きたいなぁと思いました。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所