私がかかった性病はクラミジアです。

ある日、とてつもない物凄い陰部の痒みがあり、かいてもかいても痒みが止まらない状態になり、ついには耐えられなくなりました。

痒みがありながらも、陰部の状態を見て見たら、物凄いただれと、赤みが出てきて、痒みと痛みの交互に症状が日に日に悪化していきました。そのうちに陰部が腫れて膨れあがり、ついには強くかきすぎてしまった事により、擦り傷の様な傷が出来て、軽い出血がありました。

産婦人科に行ってみてもらった所、クラミジアと診断されました。

原因はSEXによるものと、他の原因は、ストレスや疲れによる免疫力低下でなったと考えられるそうで、私の場所は両方の原因が考えられました。

検査費用は3000円くらいだったと思います。始めに膣の中の状態を調べられて、細菌の原因を検査されました。思った通り細菌が検出され、見せて頂いたらカビの様な青緑の様な色をした細菌でした。

治療としては、膣の中を洗浄されて、抗生物質の様な薬を膣の中に入れられます。その日はそれで帰されますが、5日間くらいは毎日同じ治療をする為に産婦人科に通いました。

すぐには治らないので、しっかりと毎日治療に行った方が治りが早いです。

徐々に痛みや痒みは引いてきますが、産婦人科ではしばらく性行為はしないで下さいねと言われます。検査費用としては何日かの通院を含めて1万円まではいかないと思います。

それと同時に膀胱炎にもかかってしまった事もあり、それは性病とは考えにくいのですが、膀胱炎も性行為が原因でなる様です。その時は、残尿感とトイレをした時に陰部のヒリヒリした痛みがありました。

とにかくトイレは近いのですが、残尿感が酷くなり、お腹の調子が悪い感じがありました。
産婦人科で膀胱炎と言われた時に、治療法としてはクラミジアの時と同じく、膣の中に抗生物質を入れられ、それと飲み薬も頂き飲んでました。

クラミジアの時と同じく治るまでは性行為はしないで下さいと言われ、完全に完治するまでは2週間くらいかかりました。その時の検査費用も1万円くらいだったと思います。膀胱炎の場合は、治療法として沢山水を飲んで下さいと言われます。お茶ではダメな様です。

水を沢山飲んで、悪い細菌を出して下さいと言われます。それとトイレで大の方をする時は前から後ろに拭いてくださいと注意で言われます。細菌がお尻から流れてしまうからだそうです。
クラミジアも膀胱炎も完治するまでは1週間はかかります。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所