クラミジアに感染しました。

感染経路は友人とたまたま行った風俗店でほぼ間違いが無いと思います。

男性・女性問わず、感染の自覚症状があまり無いのが特徴です。それ故に、場合によっては、自分のパートナーへ感染させてしまうかもしれない性病です。私の場合は、排尿時の違和感や、妙なネバネバした液体が尿道から出てくるという症状があったため、すぐに病院へ行きました。

感染から比較的短時間で気付くことができたので、幸いでした。。
原因は間違いなく友人と訪れた風俗店だと思います。

初めの違和感は風俗店を利用してから1ヶ月以上経った時でした。何となく排尿をするときにピリピリした感覚を覚えました。ただ、その時は全く性病を疑うことはありませんでしたので、特に対策はしませんでした。

それから更に2~3週間が経ったある日、尿道からネバネバした液体が出ていることに気づきました。「これは流石に怪しいぞ」と思い、泌尿器科へ検査へ向かいました。

まずは医師とカウンセリングを行い、思い当たるフシがあるかどうかを聞かれました。正直に1ヶ月以上前に風俗を利用したことを告白しました。また、症状を聞かれた際に、排尿時の違和感と謎のネバネバした液体を説明したら、クラミジアの可能性が高いと説明されました。

そして検査を始めることとなり、どのような事をするのか不安でしたが、検査内容は採尿のみでした。尿を検査することによって、クラミジア菌の有無が高精度で分かるとのことです。

検査結果が出るまで数時間かかるとのことで、午後以降再度病院に来るか、後日来るかを聞かれましたが、一刻も早く結果を知りたかったので、その日のうちに行くことにしました。

再び病院へ向かい、検査結果を聞きました。結果は陽性、クラミジアでした。医師からは風俗等での不特定多数との性行為を控えるように促され、抗生剤による投薬治療を薦められました。念のため、1週間後を目処に再検査に来るように言われ、都合が合う日を予約しました。

そして薬を飲み続けて約10日後に同じ病院に再検査に行き、完治していることの確認が取れました。
結局、診察代や薬代等で6千円ほど治療費としてかかったと思います。

当時はたまたま恋人いない期間だったので良かったですが、恋人がいて、自分が感染させてしまったらと思うとゾッとします。間違いなく修羅場になるでしょう。

この体験以降は、風俗の利用を控えるようになり、健康にも経済的にも良かったと思います。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所