カンジダ症にかかりました。

女性にはポピュラーな性病で、よく聞く病名だと思います。カンジダはもともと膣内にいるカビの常在菌で、体の免疫力低下などにより増殖することで発症します。

そのため、性病にイメージしがちなセックスによる感染とは限りませんし、男女間の感染という意味では、男性器は外に出ている構造上、カンジダを発症することが少ないので、セックス感染よりも先の免疫力低下などが原因で引き起こされる方が多いです。

30代を迎えてからよく発症するようになりました。

産婦人科の医師に何度も原因を訪ねていますが、はっきりとは分からず、結局は自身のストレスや体調不良などの免疫力の低下により発症するのだろうという結論に至りました。ただ、主人とセックスをすると、治っていてもすぐにまた発症してしまいます。主人が感染しているというわけではなく、セックスにより膣内に雑菌が入り、それが結果的にカンジダを発症しているようでした。

カンジダは一度発症すると、再発しやすい性病だと医師からも説明されましたが、セックスの度に発症するので、免疫力を上げると言われている乳酸菌のサプリを飲んで、体調が万全の体勢の時しかしないようにしています。

治療方法としては、産婦人科で消毒のための薬を膣内に入れてもらいます。その日はお風呂に入るまではタンポンを入れ、薬が流れ出てこないようにしておきます。私の場合、薬が茶色で気になったのでナプキンも併用していました。産婦人科は費用がかかるので、自身で治す場合は市販薬という選択肢もありますが、初めて発症した人や、私のように妊娠中の人はうかつに市販薬に頼らず、産婦人科で治療をしてもらった方が良いと思います。

治療方法は菌を減らすため集中的な通院が必要で、2週間ほどは毎日受診するよう指示されます。休院日には錠剤を自分で膣内に入れます。症状は強いかゆみを伴うので、放置しておくとデリケートゾーンがどんどんただれてきます。放置しておいて治るものではなく、市販のかゆみ止めを使うと、陰部が蒸れたり余計な湿度で菌が増えてしまったりして逆効果になるので注意が必要です。

セックス以外の発症原因は、主に体調不良やストレス、過度な疲労などから来ることがほとんどのため、改善のためには生活習慣の見直しと、下着が汚れたら替えて清潔に保つこと、デリケートゾーンを石鹸で洗いすぎないことなどが挙げられます。特に菌は湿気が多く、暖かい環境を好みますので、冬場にやってしまいがちなコタツで寝てしまう行為はカンジダを発症させてしまう可能性があるので注意が必要です。

1位:セルシーフィット




2位:ふじメディカル




3位:さくら検査研究所