おりものの量が増え、粘度の高い塊のようなおりものが出て、やや下腹部にも違和感があるような症状が出ました。

また性交渉中、挿入時に少し痛みがありました。

婦人科を受診し検査は1分もかからないですが、膣のおりものを採取する際に膣をこするような少しの痛みを感じました。洗浄をしてもらい、膣錠を入れてくれその場は終わりです。費用は4000円〜5000円程でした。

1週間後に検査結果を聞きに行き、クラミジアに感染という結果でした。治療は抗生物質を1週間飲むだけでした。薬の種類にもよりますが、一度飲んでしまえば1週間の効き目があるような薬や、夕食後に1錠を1週間服用する薬など種類があるようです。

私の場合、2度クラミジアに感染しましたので、一度飲んだらそれで終わりの薬と、夕食後に1錠1週間の薬、両方を経験しました。

薬の服用を終えた1週間後に再度検査を行い、クラミジアが陰性であれば治療は終了となります。

クラミジアは性交渉で感染するため、パートナーがいる人はパートナーも感染している事が多いので一緒に治療を進めます。パートナーも検査を受け陽性だった場合は、抗生物質を服用し治療します。

性交渉によって感染するため薬服用中はもちろん、最後の再検査で陰性の結果が出るまでは性交渉は禁止です。

クラミジアは粘膜同士や体液が直接粘膜につく事で感染します。喉の粘膜にも感染するため、激しいディープキスやオーラルセックスでも感染します。

私の場合は主人が風俗(ピンサロ)に行っていた事が原因でした。女性が喉のクラミジアに感染していたため、主人にうつり、私にまで感染したようです。

感染経路が、ほぼ性交渉のクラミジアに感染となると、どちらかが不貞行為をしたのが原因だと考えられるため、パートナーと喧嘩になりやすい性病です。

治療は抗生物質を飲むだけで簡単ですが、主人が隠れて不貞な行為をしていたという気持ちの面ではかなりダメージを受けました。

クラミジアに感染しても無症状のひとが多いようで、そのまま放置していると不妊の原因となるようです。

私の場合はおりものがいつもと違うという変化に気づけたので、すぐ感染したことに気づけ治療できました。

普段からおりものの質や量を観察し、少し変だなと思ったら病院を受診することをお勧めします。またおりもの以外でも、挿入時に痛みを感じたり下腹部に違和感を感じるなど続く場合も早めに受診するようにした方がいいと思います。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所