膣カンジタと性器ヘルペスにかかりました。

原因は性行為です。
当時交際していなかった男性に半ば無理矢理の性行為でした。

数日経ったぐらいから、性器に違和感があり、痒みや痛みなどが出てきました。
最初は、体調が良くないからだろうと思い気にしていませんでした。

しかし、気になりインターネットで性病について調べてみると、自分の症状とかなりに似ていて心配になりました。

その後知り合いの看護師に相談し産婦人科に行くよう促され、恥ずかしかったですが友人に付き添ってもらい病院に行きました。

最初の医師は女性で安心しました。
やはり性器を見せるので女性の方は、かなり恥ずかしいと思います。

2回目の診察は男性医師でかなり恥ずかしい思いをしました。
医師なので任せるしかありませんが、女性医師が診察してくれるクリニックに行った方がいいなと思います。

検査費用はあまり覚えていませんが、5千円程度だったと思います。
思っていたより高く感じました。

カンジタの症状は白い体液が出て、痒みがひどかったです。

痒みを我慢するのが1番辛かったです。

ヘルペスはポツポツと出来物ができ、痛みがありました。
はじめは痛みも少なく我慢出来ましたが、だんだんと日が経つにつれて痛みが増してきました。

痒みと痛みで数日睡眠もろくに取れなかったです。
お風呂で冷たいシャワーで冷やしたり、保冷剤を当てたりしながら過ごしました。

カンジタの治療法は膣に直接入れる薬を約二週間分処方されました。
薬を自分で膣の奥の方まで入れなくてはならず、痛くて入れるのも難しかったのを覚えています。

カンジタは再発率が高く、それから何度か同じような症状があります。

ヘルペスは始め抗生物質の飲み薬をもらいましたがなかなか良くならず、一週間後塗り薬も処方され徐々に治りました。

最初に診断してくれた医師があまり良くなく、2回目の診察の医師がなんで塗り薬を処方していないのかと驚いていました。

やはり診察してもらう医師によって治療期間も変わると思います。
始めから塗り薬をもらっていれば、長い間苦しまずもっと早く治っていたと思います。

恥ずかしいと思いますが、性病でもセカンドオピニオンをオススメしたいです。

幸いなことに今のところヘルペスは再発していません。
しかし、ヘルペスの菌は体に残ることも多いらしく、現在の交際相手に移ってしまわないか心配です。

自分の無防備な行動でこのような性病になったので、反省しています。
女性の方々は特に気をつけて頂きたいです。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所