私は、当時中学三年の時その当時付き合っていた人とセックスをした後、家に帰るとその夜から、今まで味わったことのないような、陰部の痒みに襲われました。

症状はもう、とにかく痒い、オリモノがいつもより多い、カッテージチーズの様な白いものが陰部から出てる。

なんでこんなに痒いんだろうとお風呂の時にシャワーで洗いまくりました。

母にも相談出ず、どうにかこの痒みがおさまってくれないかと思いましたが、全然痒みが収まらない。

痒いからパンツの上からかいてみるけど、かけばかくほど痒みが増してきました。
恥ずかしかったですが友達に相談し、これは親にも言った方がいいと言われ、母が付き添い病院に行くことにしました。

産婦人科なんて初めてで恥ずかしかったですが、この痒みがおさまるならと先生に診察してもらいました。まずは、膣の中になんか器具みたいなのを入れられて、オリモノを調べると言われました。なんか冷たいものが入ってくるときすごく気持ち悪かったのを覚えています。

それから膣を洗浄すると言われ、ぬるま湯で洗われ、イソジンみたいな薬を陰部に塗られて、あとは、白い細長い薬を膣内に入れて終わりでした。白い薬が出てくるときもありますが、気にしないで下さいと言われました。

それから、先生の方から、【カンジタ】ですと説明されました。

私は性行為をしたとき、風邪をひいていて免疫が下がっていたこと。風邪薬抗生物質を飲んでいたことが原因でなったそうです。膣洗浄などされてからは痒みはおさまり、帰宅後は、お風呂上りに塗る塗り薬をもらいました。

何日か少し痒みはありましたが、3日きらいでそれもおさまり、1週間後にまた病院で診察を受けて完治しました。

もう、【カンジタ】には二度となりたくないと思いました。あんなに痒い思いもしたくないですし、先生の前で大きく股を広げるのも嫌ですし、器具で膣内をかき回されることも嫌でした。まだ中三だったし恥ずかしすぎました。でも自業自得ですよね。

私は現在29歳になり妊娠して、子供を出産し、その間にも【カンジタに】なりました。

二回ほどなりましたが、二回ともそんなに痒みはなかったですが、陰部がムズムズするのが続いたので、病院に行き治療してもらいました。
その時の前と同様、洗浄と膣内に薬を入れてもらい治療終了でした。

カンジタはカビの一種で女の人ならだれでも持っている菌だそうです。
性行為などしなくても、不衛生だったりしてもなるそうなので気を付けたいです。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所