感染経路と原因について 

わたしの場合は、ほかの理由で婦人科を受診した際の検査で感染がわかりました。当時はパートナーがいなくて性交渉もしていなかったので性交渉による感染ではないと思います。温泉やトイレ、タオル、下着などでも感染する場合があると説明されました。

検査と費用について

検査は内診になります。細長い器具で膣の中の粘膜を取って検査をします。内診の不快感は多少ありますが痛みなどは全然ありませんでした。
費用については保険適用の検査になりますので、ほかにやった検査と合わせても2000円以内だったと思います。

症状について 

わたしの場合は、膣トリコモナス症だと思うような症状はないと思っていました。この性病の主な症状としては「泡立つような悪臭のあるおりもの」や「外陰部の猛烈な痒み」などがあるらしいのですが、診断されるまで気が付きませんでした。あとで考えてみると、おりものの異常は少しあったのですが、悪臭というほどでもあありませんでしたし、割とよくカンジタ症を発症していたのでそれだと思っていました。痒みについては敏感肌ですので生理用品に負けたのだと思っていました。

治療の流れについて

膣トリコモナスの治療には、内服薬と直接膣内に錠剤を入れる治療があると説明されて、私の場合は錠剤のほうを医師から勧められましたのでそちらにしました。たぶんほかにも内服薬が出ていたからかもしれません。

治療はまず最初に膣内を洗浄してから器具を使って錠剤を中に入れます。違和感はありますが痛みはありませんでした。薬の影響でおりものの異常があるかもしれないと言われたので、下着を汚さないように小さいサイズのナプキンで対応しました。これを10日間毎日治療しなくてはならないということでした。正直毎日通うのは大変でした。ですが、いつから感染していたのかわからないのが怖くて、少しでも早くきっちりと駆除したかったので良かったと思います。
費用としては診察も含めて一回当たり500円前後だったと思います。

膣トリコモナス症は、劇的な症状が表れにくく性交渉以外でも感染リスクがあるため、感染に気が付かないまま生活してしまうこともあるそうです。そうなると、子宮がんやHIVの感染率が高くなると聞いて怖くなりました。このときは違う症状でたまたま受診して治療することができてよかったと思っています。それからはパートナーの有無にかかわらず、子宮頚がんの検査と一緒に性病の検査も年一回必ずやるようになりました。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所