セックスをしてから時間が経って太ももの付け根の痛みを感じたことはありますか?

太ももの付け根にはリンパ節というものがあって、そこに痛みを生じる場合は性病をはじめとしたなんらかの感染症に感染している可能性があります。

あくまで可能性の話ですが、そのような症状がある場合は医療機関を受診しましょう。

では、太もものリンパ節に痛みを伴う性病とはどのようなものがあるのでしょうか。

太ももの付け根のリンパ節に痛みを生じる性病

・性器ヘルペス
・軟性下疳

一つずつ説明していきます。

性器ヘルペス

セックスをすることでヘルペスウイルスに感染することで起きます。

セックスをしてから数日から1週間程度で発症します。
症状としては、太ももの付け根の痛み、排尿痛、女性器の外側の部分の痛みです。

軟性下疳

軟性下疳菌に感染して起こる感染症です。

症状は太ももの付け根のリンパ節が感染することによって腫脹して痛みを伴います。

豆粒の大きさのこぶができ、つぶれることで潰瘍を形成し触れたりすると痛みがあります。
発症までの期間は数日から1ヶ月程度ですが、この病気は日本ではあまりみません。

ここまで読んでみて、痛みはないけど太ももの付け根が腫れているだけという場合はどうなのでしょうか。

痛みはないから性病の心配はない・・・。

いえ、痛みを伴わなくても太ももの付け根のリンパが腫れる性病もあります。

太ももの付け根のリンパ節が腫れる性病

痛みはないけど、リンパ節が腫れる性病もあります。

梅毒

梅毒は感染してからの経過した時期で4期に分かれます。

1期は感染して1週間程度の時期で、痛みのないしこりや太もものリンパ節の腫れが症状として出現します。
リンパ節の腫れは時間が経過すると消失します。
 
2期は感染してから3ヶ月が経過したものです。この時期になりますと、皮膚にぶつけた覚えのないあざや、小豆大ほどのぶつぶつができます。髪の毛も抜けたりしますが、これらの症状は一旦治まります。

3期.この時期になると結節性梅毒疹やゴム種といわれるしこりができます。
  
4期.この時期は末期とも言われ心血管系や神経、目といった場所に重い障害が残ります。
  
ただ、現在は3期、4期まで悪化することはありません。

1位:セルシーフィット




2位:ふじメディカル




3位:さくら検査研究所