ある日、突然尿道から膿が出たそんな体験したことはありますか?
尿道から膿が出た場合は尿道で炎症を起こしており性病である可能性が高いです。
ではなぜ、尿道から膿が出るのでしょうか?

尿道から膿が出る理由

そもそも膿とはなんなのか。
膿とは簡単に言うと体が感染症にかかった際に白血球という血液の成分が細菌と戦った結果です。
性質によって淋菌なのかクラミジアなのか特定することが可能です。

膿の性質

膿が出るとなんらかの性病に感染していることが分かりましたね。
次に、尿道からどのような性質の膿が出るのかに注意してみてください。

・濃い性質の膿

尿道から出る膿が濃い場合は淋菌に感染した可能性が高いです。

こちらの場合は、排尿時に痛みを伴うことがあります。

・薄い性質の膿

淋菌に対してこちらの膿はさらさらとしていて色も薄く水っぽいものが尿道から出てきます。

排尿時の痛みも軽度でこちらの場合はクラミジアが原因の感染を起こしたことが疑われます。

治療方法

膿の性質によって性病が特定されれば治療は原因となった菌に効く抗菌剤での治療となります。

病院にかかるのが恥ずかしいという気持ちも分からなくもないですが、市販薬で治そうとすると菌が耐性を持つなどしてしまい薬が効きにくくなるので絶対にやめましょう。

淋菌の場合は内服での治療では薬が効きにくいため、一回だけ注射で行います。

クラミジアの場合は内服を一週間行って治療します。
内服の場合はよくなったからと飲むのを中断したりすると菌が抗菌剤に対し耐性を持つため処方されたとおりに内服しましょう。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所