クラミジアは性病の中では感染者の多いものです。

日本では症状のある人や現在症状がない人も含めると100万人ほどの感染者がいるといわれています。
クラミジアのこわいところはこの症状がない、無症状でも感染しているところではないでしょうか。

クラミジアが性病って認識はあるかもしれませんが不妊の原因にもなりうるということは知っていましたか?

意外かもしれませんが女性の場合はクラミジアが不妊の原因にもなります。

不妊の原因になるにはクラミジア感染を放置して卵管閉塞を引き起こすことですがここでクラミジアについて知っておきましょう。

クラミジアの症状

クラミジアはクラミジアトラコマチスという細菌感染です。

症状は無症状のこともあります。

有症状として
・おしっこを出すときに痛みがある
・性器がかゆい、違和感がある
・おしっことは違う白い膿のようなものがでる

といったものが症状として出ることがあります。
こちらの症状は男女で共通しています。

女性の場合はこれらの症状に加えて
・おりものの量が増える
・セックスのときに挿入による痛みを感じる
・下腹部の痛み

などがあります。

これらの症状があるときはセックスは控えるべきでしょう。

クラミジアの感染経路

クラミジアは感染者の性器が非感染者の粘膜に触れることで感染を拡大します。

コンドームを装着すれば予防にはなりますが、オーラルセックスをして口の粘膜にも感染している場合があるので注意が必要です。

先ほどクラミジアに感染していると不妊の原因になると説明しましたが、不妊だけでなくクラミジア感染を起こしていると他の性病の感染率もあがるといわれているため注意が必要です。

クラミジアの検査と治療

検査の方法は尿検査や粘膜の細胞を綿棒でぬぐいとることで比較的簡単にできます。
無症状で経過していることもありますが、不妊の原因にもなるため心配になる女性もいるのではないでしょうか。

検査は保健所の日程にもよりますが無料で受けることができたり、検査キットを購入すれば自宅でもできます。

治療も感染の程度にもよりますが抗生剤を点滴や内服で行われます。

1位:ふじメディカル




2位:さくら検査研究所